朝起きると首の痛み

朝起きた時に首の痛みがでた。

という人は結構います。

いわゆる寝違いです。

急に寒くなると起こりやすくなります。


そのまま痛みが続くこともあれば、昼間は楽という人もいます。


何が問題なのでしょうか?

殆どは首の問題ではありません。


一番に私が思い浮かぶのは肺系統の異常ですが、腕からくる痛みもあります。

朝だけの痛みの場合は、肺系統より腕の異常からくることが多くなりますが、リンパ管系統も絡んできます。

神経も血管もリンパも太いものが胸から肩腕を通ります。

それは首の根本で二手にわかれて前傾部から耳の下あたりまで続きます。


血管は、特にですが、リンパ管も耳下から顎にかけてや前傾部を通ります。

首の痛みだから首がおかしいと思うのは当然ですが、神経や血管、リンパの異常な熱は無関係とはいえません。


風邪の症状はなくても、太陽病や少陽病の反応があり胸から腕、首顎周囲に存在していたりします。

これらの反応がなくなると首に一切手を触れずに痛みがなくなっていくことがあります。


リンパ管はごみ処理の濾過装置と考えると、リンパ節が多く集まっているところには熱処理される過程で起こる水分異常が起こりやすい場所とも言えます。


顎から前傾部、鎖骨部を軽く刺激しても首の痛みがとれたりします。





Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square