病気の原因ってなに?

 

病気の原因については、様々なことが考えられます。

 

でもそれは本当の原因ではありません。

 

本当の原因は、生まれてきたことです。

 

生まれてこなかったら痛みもだるさも何もかもなくなります。それが本当の原因です。

死んでしまえば、病の原因は全て消失してしまいます。

 

だから原因は生きていることですから死ぬまで何らかの問題はでています。何も症状がないと思っている人でもよく調べると色んなところが問題になっています。

 

 

だから必ず異常はあると思ってもらった方が良いのです。

 

 

ご来院される方の中には「今日は何も症状がありません」という人がいらっしゃいます。しかし、それは自分の異常に気がついていないだけです。

 

つまり身体に無関心になっているということです。

 

そこで軽く手足を動かしたりしてもらうと右と左で違ったりあきらかに動きがおかしかったりするのです。また押さえてみると軽く押さえているだけなのに圧痛があったりします。その圧痛も右だけとか左だけというふうに片寄った圧痛があるのです。これがいわゆる未病という状態で、そのヒズミは、やがて大きな症状や病気につながっていきます。

単純に痛みをとるだけの治療院なら沢山あるでしょう。整形外科でも痛みをとってくれたりします。しかし、痛みだけとれれば良い訳ではありません。なるべく同じ状態を作らないようにすることが必要です。

当院では、この問題に取り組んでいます。

簡単な運動法と意識の使い方で長年苦しんだ症状が改善してしまったりするのです。

その方法を実行して貰うことでかなり治療効果が高くなります。とてもコストパフォーマンス高い治療院だと自負しています。長年の腰痛があったけど、この方法で8年間殆ど痛み知らずという方もありました。手術適応と言われた人が10日の治療でずっと痛みがない状態を続けています。

そんなことができるのもちょっとした身体と意識の使い方で変わるのです。

誘因である身体のちょっとした使い方を学んで症状知らずの身体に変わってください。

定期的に勉強会も行っています。興味のある方は、ご参加ください。

​現在はコロナの影響で対面での勉強会は行っておりませんが、落ちついたら、メールマガジンやブログ等でお知らせします。

開催日は、メールマガジンにてお知らせ致しております。