意識的に歩いているのではありません。

なぜ歩くかと言えば目的地に到達する為です。他のことを考えていても思いは家に着きたいというような希望があるから無意識に左右の足を使って移動しているのです。


そんな思いを叶えてくれるのが歩行であって、それを可能にしているのが無意識です。

たぶん、それには誰も疑問に思わないと思いますが、無意識を使って歩いていると認識している人は少ないでしょう。


人間は、意識的に行動していると考えているかもわかりませんが殆どは無意識です。

右に向かって歩いていて、急に左に曲がろうと思った時、そのタイミングはいつでも良いという条件で実験すると曲がるコンマ何秒か前には、脳は活動して左に曲がることを決めているそうです。


それじゃ~意識的に行動しているというのは嘘じゃないか・・・。

と思う訳です。


それでは無意識だけが重要かと言えば無意識だけが重要だったら、きっとずっと寝ていることになるでしょう。

植物人間です。

意識は無意識に補完する形で存在し、意識を使ったことと無意識が命令したことは、ほぼ同時だと言えるかもわかりません。

そもそも意識と無意識を分けた時点が問題なのかもわかりません。


今、右手をあげようとしたのも無意識との共同作業なんじゃないかと思います。

これはホントに面白いです。

だから、頭でばかり考えていると、意識が強くなりすぎて意識的な世界のみになってしまうので眠くなって寝てしまうのだと思います。もし、それができないと精神がやられます。精神疾患の特長的な症状に不眠があるのはそのためでしょう。


養老先生は、都会は意識的なものを故意に置いていると言っていましたが本当にそう思います。

そういう時は、田舎に行って無意識を感じて欲しいなと思います。そういう意味ではコロナになって良かったことは自然に出たいと思う人が増えてキャンプが流行りになったというのは面白い現象だと思っています。


しかし、今のキャンプが自然かというと疑問は大きいです。車で何も持たずキャンプ地に行って、キャンプ道具を借りて、整備されたコテージで寝泊まりする。これはキャンプとは言い難いですが、それでも自然の中に出たいと思う気持ちは大事です。


もっともっと意識的な世界から飛び出して、無意識の世界に行った方がいい。







認知症になると歩行の仕方が変化してくるように思います。

神経がどうとか言う理屈を述べることはできるかもわかりませんが、絶対に脳だけの問題じゃないと思います。

そして歩行が弱るのは意識や認知だけでなく無意識が弱ってきた証拠なのではないかとも思います。


歩行に変化が出てくるということは確実に無意識にも変化が起こっているのだと思います。

意識と無意識が交互に連絡しあっているということが大事なんだと思います。

五体満足だと思っていても自分の身体をキチンと動かせていますか?

この問いは常に持っていた方が良いと思います。


自分は、手足も自由に動くしタイプも習字も上手い!!

読書もしていて頭も使っている。

と豪語する人はいるかもわかりませんが、それでは足の指はどうでしょうか?

足首の内反外反運動は正確にできますか?


できないのが普通です。

つまり、意識と無意識が連携しておらず使えてないところが出てきているのです。特に足は心臓から一番遠いところにあるので意識をしてもなかなかうまく動かせません。

使わないところは廃用性萎縮と言って退化してくるので、足を使っていないと足の動きが弱ります。その弱りは筋肉ではありません。無意識が最初に弱ります。


だからどこかにトラブルを抱えている人に足首の正確な運動をさせると全くできません。思ったように動かせないのです。

足で立っている訳ですから、足首を思ったように動かせていないというのは歩行が不完全だということです。

認知症は、そんなふうにして進行していくのではないのかという仮説です。逆に言えば足を調整すると進行が遅れたりするかもわかりません。あくまでも仮説ですがありえると思います。


足を怪我してから認知症が進む方を何例かみました。急激に進んだ人もいれば、あきらかにその時点から徐々に進んでいった人もいます。それでも手は動いています。

身体を観察するというのは、本当に重要だなと思い知らされます。





歩くということは、とても難しいと昨日書きましたが、五体満足な人なら普通に歩いています。

しかも、歩いていることすら考えたことがないように歩いています。完全な無意識ですが、意識的に歩くこともできます。

これが面白いところです。


それだけでなく石ころに躓いても簡単には転倒しません。


それは誰がやっているのでしょうか?

自分ですか?

本当ですか?


少なくとも意識的な自分じゃないはずです。

今、石ころに躓いたので、右足を出して転倒を防いだと明確に意識していますか?

それを意識できる人はいません。ワザと石ころに躓いたのならそれもできるかもわかりませんが、突然躓いたら完全に無意識にしか転倒を防げない。


誰がこれをやっているのか?

という疑問を持って欲しいと思います。


無意識が弱ってきた高齢者は、そのまま転倒してしまったりします。つまり、転倒しやすくなるというのは、無意識が弱ってきたということだと思います。それでは無意識を鍛える事で回避出来るかもしれません。


無意識を鍛えると言っても、無意識は意識下にないので鍛えようがありません。しかし、無意識は単独ではなく意識と協調しあっているはずです。意識的に歩行ができることからもそれはわかります。

しかし、その方法を明確にしている人は少ないのではないかと思います。


ゆっくり、小さく、正確に動くというのは無意識に影響する唯一の方法なんじゃないかと私は思っています。

武道における「早く動きたければ、ゆっくり動け、もっと早く動きたければ止まれ」と言う意味を強く感じさせる動きだと考えています。


ゆっくり、小さく、正確に・・・。


簡単そうでできません。




Blog | 御薗治療院公式hp | Japan

Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square