筋肉が緊張しているという意味を履き違えないことが大事です。

筋肉が緊張しているのは誰が、そうさせているのか?

これを考えないと全てが間違います。


★★★★★★★★★★★★★★★★★

脳から送った情報を正確に伝えること。

これが意識の使い方のひとつである。

そして、意識をどのように処理するのか。


参加者が2人1組で相手の身体を10秒以内に診ると言うワークを行った。

10秒でひとつの動きをみるのである。


例えば肩甲骨の外転ー内転などの動きを多動的に確認して、動きの悪い方を左右で決めると言う具合に行う。

たったひとつの動きだけなので10秒も掛からずにみれるはずだが、初めて行う人には簡単ではない。


実際には何度もその動きを繰り返してしまい、そして動きは止まる。

動きが止まっていると言うことは、考えているのである。


中村先生の治療では意識するスピードを重視する。

スピードとは単なる速さの意味もあるが、その速さの概念はいくつかある。


実は触診では相手に触れる前に相手の状態がわかるのである。

もっと突き詰めると相手に触らずともわかる場合もある。


そして、相手がどのように動いているかも感じられるのである。

そう言う意味でスピードとは相手に触る直前に感じているのだから、その時点で結果が出ていることになり、とても早く決断できると言うことになる。


そのような概念での速さは武道や芸術にも見られるから、それらのエッセンスを幅広く知ることにより活用できることもある。


ただ、人は迷うものである。私自身も常に決断する時は早く決めるようにしているが、やはり時に迷うこともある。

そこは中村先生に初めてお会いした時からおっしゃっている「純粋思考」の言葉を忘れないように努めることで自戒できる。


何も余計な思考を介入させないために瞬時に決めることが最重要なのである。

そこを肚に落としている中村先生は苦労と苦心をたくさんして来ているのである。


★★★★★★★★★★★★★★★★★


スピードは、もっとも重要な項目です。

鍼灸師は、それをあまり考慮しないのが大きな問題です。

これも習慣化している証拠です。

なぜ、こういう習慣を作ってしまったのかを考えないと駄目だと思います。


ベットに寝かせて、1時間施術をするというのが当たり前になっているのが大きな問題です。



三鷹ってこんなお店や建物が一杯あるんです。

ちょっと吉祥寺に行くと、人は多いけど素敵なところです。


いつも応援してくださっているので、えこひいきが入っていると思いますが・・・(笑)

本当にありがたい感想です。


★★★★★★★★★★★★★★★★★

2022年5月以来の東京勉強会はいつもとは違う雰囲気で始まった。

それは初参加の方が多いことが、ある種の緊張感を作っているようである。


人数も以前の倍である。

その緊張感はしばらく続くがどんな勉強会になるのか未知の期待と不安から来るのかもしれない。


早速、解剖学的肢位を取る実技に入ると、参加者の意識が動き始めたようである。

なぜ解剖学的肢位を取るのか。


どのように取るのか。

そこにどんな意味があるのか。

まず解剖学的肢位は人としての基本姿勢であるから、人体として自然な状態であれば無理なく取ることが出来るはずである。


ところが普段、身体の片寄った使い方をしていると、とても無理をして取ることになる。

参加者の中でも本来は自然な無理のない状態であるはずが、それが非常に辛いと言う風に感じている先生がいらした。


そして中村先生の勉強会で必ず出てくる「意識」の使い方がポイントであるが、それは治療の根幹と言ってもいいだろう。

自身の体の感じ方は意識の伝達の成否を決める。

立位でつま先を真っ直ぐ正面に向けるという意識は、真っ直ぐを真っ直ぐと感じることが意識と実際を合わせることになり、言い換えると自分自身で送った情報を正確に捉えることが大切だ。


ところが、真っ直ぐにしているつもりが真っ直ぐでない。

数センチずれている、

あるいは5センチ以上ずれていることもある。

これは何も真っ直ぐにすることが正しいと言っているわけではない。


真っ直ぐを真っ直ぐと認識して、その正確な情報を体に伝えることを目的としているのである。


そこを誤解してはいけない。

真っ直ぐは真っ直ぐと言うピンポイントにわかりやすい指標である。

これは足に限らず体の全ての部位に言えることである。

★★★★★★★★★★★★★★★★★

真っ直ぐは、この世の中に一つしかありません。

真っ直ぐを工夫すると、その人の状態が見えてきます。


実は、これも筋力検査です。

触診と筋力検査を別物と考えない。

これを何度も言っているのですが、やり方が違うので別物と考えてしまう。

いかに人間は、一度覚えたものを一生持ちつづけるのかがわかります。


その本質を考えれば全く同じなのに違うと思ってしまうのです。

人って面白いです。


長い文章なので、何度かにわけてみたいと思います。

ブログ書くのを助けてくれてます。(笑)







当日の富士山が今回の内容を象徴していたかもしれません。

となりに座っていた人も綺麗~って言って写真とってました。


昨日参加していただいた皆さん本当にありがとうございました。


初めての方が多かったので、どんなことをするのか、不安だったと思いますが、

実際の体を見る時間になったら目の色を輝かせていました。


触診や筋力検査がうまくなる為のヒントは沢山話できたと思います。

また、予習をやってきてくれたオンラインサロン参加者の先生は、習得されていました。


少しずつ皆さんができるようになってきているのを実感します。


それでもやはり治療をする段階になると


えええ~

なんでこんな一瞬で、こんなに変わるの~?

立ち方が滅茶苦茶変わった~。


なにこれ~

ある意味ショックです。


とおっしゃってくれた先生もいらっしゃいました。

やっぱり体験してもらう。

それを実際に、見て体験してもらうのが一番説得力がありますね


しかし、本当にやってよかったと思っています。













Blog | 御薗治療院公式hp | Japan |  鍼 - マッサージ - メタトロン - オルゴン

Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square