昨日の呼吸を連続で行う方法です。


呼吸をする時に回旋運動をするのですが、回旋しながら呼吸をするのは最大呼気と最大吸気以外で行うことが大事です。

つまり、回旋時は普通の呼吸のみということです。


まっすぐの状態から


ゆっくり吸いながら左へ回旋していきます。

この時にできるだけ軸が左右にブレないようにすることが大事です。


ある程度吸いきったら正面に戻ります。

すると更に呼吸が入るのを感じるはずです。

これで最大吸気です。


次に右に回旋しながら息を吐いていきます。

回旋する時に顔を必ず正面を向けていてください。

結構、回旋時に顔が回旋方向に向いてしまうことがあります。


息をある程度吐いたらまっすぐに戻してください。

すると更に息を吐くことができると思います。


この動きは回旋しながら、屈曲伸展を同時に行うことができます。

最大吸気では上部胸椎の伸展が強化され、最大呼気では下腹部の屈曲が強化されるということです。

もちろん、最大吸気では下部腰椎から仙骨も伸展されるし、最大吸気では、下腹部を中心に全体的に屈曲ができます。


屈曲姿勢は戦う姿勢です。

伸展姿勢は休めの姿勢です。


どちらも大事で、緊張と趾間をうまく行うことが必要です。

この動きですべてができるのではないかと思います。


左から吸って、次に右から吸うと身体の側面を意識することができます。

身体の側面は実はとても大事な場所です。



身体をまっすぐ最大呼気

身体をまっすぐ最大吸気


身体をまっすぐして最大吸気をして、身体をねじって自然呼気、捻りながら努力呼気、身体をまっすぐして最大呼気


という順番で最大吸気から最大呼気まで行えるのではないかと思います。

左回旋が苦手な場合、この方法で緩く何度かやっていると呼吸が入りやすくなります。


ちょっとしたコツで呼吸をしやすくなると思います。呼吸しやすい状態にしておいてから運動をすると、その運動の効果がでやすいと思います。


呼吸をしながら運動させる場合、最大吸気と最大呼気をしっかりできるようにしておいてから行うと良いのだと思います。

それを行う為に回旋運動を使うということです。


身体をまっすぐしただけの呼吸より更に深い呼吸ができる可能性があります。






運動時に呼吸をさせる時、力を出し切る時には吐ききった方が楽に力を出せるからかもわかりません。


しかし条件があります。

例えば、上半身を回旋した状態で息を吸うとよくわかりますが息を吸いきれません。

これは、最大呼気時にも言えることです。

最大呼気と最大吸気は身体の捻れがあると完全には息を吸ったり吐いたりできません。


最大吸気は肩甲骨の動きが弛み、最大呼気は肩甲骨の動きが締まると言いましたが、元々肩甲胸郭関節が回旋している人の場合、最大呼気と最大吸気は、どちらか一方が行いづらいということになります。


運動する人の身体が左回旋優位になっていたら、左肺の上部には呼吸が入りづらいし、右下部には殆ど入りません。

深呼吸そのものが難しいのです。

右回旋していたら、その逆のことが言えます。


これもその人の適正によって呼吸のさせかたが変化するということを意味しています。

つまり、何気なく、深呼吸をさせながら運動しても、運動する側の人の状態が、呼吸を伴った運動を許容できる身体かどうかが重要だということです。


上半身の回旋運動は、横隔膜を捻り、横隔膜の機能を落としてしまいます。


呼吸は大事ですが、そのことを知っていないと人によっては過負荷になってしまう可能性もあります。

呼吸一つで過負荷になったり、適正運動になったりもするということです。


あくまでもその人に合った動きが必要ということだろうと思います。


指導者側がまずやってみて、どう感じるのかをしっかり見きわめ、それができる身体の持ち主かどうかを見極め、どれぐらいの負荷をかけるのか適切なのかを検討する。

こういう慎重さがあっても良いだろうと思います。




Blog | 御薗治療院公式hp | Japan |  鍼 - マッサージ - メタトロン - オルゴン

Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square