top of page

海綿骨の役割は、軽量化、構造上の強化、衝撃吸収が主なのではないかと言われていますが、それだけではないように思います。大腿骨も関節に近い部分に海綿骨の割合が多いのは、決して偶然ではないと思います。上腕骨も大結節あたりに多い理由も、関節部は、海綿骨の構造が適切だったからだと考えられます。


海綿骨は蜂の巣のような構造をしていて、構造としては、決して強い構造だとは思えません。やはり重力が多くかかる大腿骨のような骨には皮質骨が多く存在し、その方が縦方向の強度は間違いなく強いからそういう構造になっているはずです。ただ、海綿骨のような構造になると他方向からの力を均等に分散させる力もあるので、関節部や頭蓋には適した構造だったから海綿骨が選ばれたとすれば納得がいきます。


また海綿骨には、血や水の流れがあり、一定の流量があることによって、強度を保っていられるのではないかと考えると強度と軽量化、衝撃吸収という意味でも海綿骨のような構造が最適だったのではないかと考えられます。

逆に考えると、何らかの理由で病的になり、血や水の流量が一部で滞ったりすると、海綿骨の役割を果たすことができず、様々な力に負け、組織破壊になってしまう可能性があるとも考えられます。つまり、炎症や腫瘍、外傷による骨折のような異常も起こりやすくなるということです。

しかし、柔軟な構造をしているはずなので、流れが良くなれば、修復が速いというのも海綿骨としての特徴であり構造的利点です。

そして、海綿骨の多い部分に鍼灸のツボが多く存在するというのも決して偶然ではないように思えます。

関節部には、流れを変える働きがあると昔の人は思ったからツボが多く存在すると考えたのではないかと思います。もしそうであれば、骨の構造とツボの位置というのは矛盾しないということになります。


このことからも鍼灸の役割は、やっぱり血や水の流れをコントロールすることなのではないかと思います。

そして、血や水の流れをコントロールしている「気」の流れというのが、鍼灸治療において最も必要な流れなのではないかと言える訳です。


鍼灸の重要な役割の一つとして、水や血の流れを変えることだとすれば、この海綿骨への血や水の流れを変える方法の一つだったのではないかとも考えられます。それなら関節の症状は、改善できて当たり前だとも言えます。

「気」の流れによって血や水の流れを決めているとするならば、「気」とは何かという問いに答えられなければなりません。しかし、学問的に「気」とは何かという話ばかりで実際の「気」とは何かを明確に示す答えはありません。それは「気」の特性として、第三者に見せることができないからです。また計ることもできない超微弱な力であり、これが「気」ですとは言えないからです。それを良いことにインチキも多く存在します。また西洋医学ではプラシーボという言葉があり、「気」そのものを否定し、それに対する一般的な認知度を高めない風潮があります。科学的という言葉は、それを更に強めてしまい、真摯に「気」と向き合って研究するという一般的な雰囲気は現代の医学界では存在しづらい状態になっています。

これでは発展するはずがありません。


私は、人の思いも「気」の作用の一つなんだろうと思っています。思いや考えというのは、エネルギーの一部だと考えると、目に見えない波長のようなものだとも考えられます。それによって血や水の流れが制御され、その流れの善し悪しによって筋肉の緊張や弛緩が制御されているとするならば、とても納得のいく答えになります。そして、これらは絵に描いた餅ではなく、実際に実感できてこそです。


そういう意味では、この動画をご覧になっていただくと意識と動きは連動しているということがよくわかります。



意識しただけで、関節の動きに影響を与えているところを考えると意識は血や水を流す働きがあることがよくわかります。



「気」の話は、ちょっと置いておいて、海綿骨の多く存在する関節部が血や水の流れを分岐させる線路のジャンクションのような働きがあったとすると経絡が関節部で変化するという臨床上の現象と一致します。あきらかに関節部で経絡が変化するのは触診ができれば誰でも普通に理解することができることです。

つまり、関節は物理的なジョイントとしての役割だけでなく、血や水の流れを分岐させるジャンクションの役割をしていると考えられます。

また顔面部や頭部には経絡が入り乱れ、面積の割にツボが多いというのも頭蓋は海綿骨が多いという解剖学的事実とも一致します。


こういうことに気づいてこそ、分類から抽出ができる考えになるのです。知識で分類するにしろ、感覚で分類するにしろ、どちらも使って分類するにしろ、きちんと現場で、しかも感覚を使って分類できてこそ、正しい抽出ができる訳です。

また「気」を使って分類する時には、術者自身の「気」の能力がとても重要になってきます。それを明確に磨く技術を何度となく繰り返し講習会では話してきました。しかし、これが絶対に重要というところには目を向けてくれず、方法論や優しい説明のみが注目されるのを見ていると、根本的に着眼点が違うのだと痛感させられます。

鍼灸を単なる東洋医学という小さい枠におさめてしまうのも、もっと発展させるのも、こういう着眼点を持った人が一人でも多く存在しているかどうかで決まってくると思います。

単なるリラクゼーションを目指す鍼灸もあるとは思いますが、それでは本当の醍醐味は味わえません。しかし、今は、そういう醍醐味があるということすら知らない人が多すぎて、ハウツーの考え方ばかりになってしまっています。


解剖学は解剖学、東洋医学とは違うという観点は、本当の東洋医学ではないと私は考えています。方法論をいくら学んでも根本的にそういうことを教えてくれません。しっかり分類し、抽出する連想力という力を身につけることこそが応用する力を養うことになります。方法論ばかりだと必ず次は何をすれば良いかを誰かに聞いてしまうようなことになり、結局はセミナーショッピングしてしまうことになります。


ツボを刺激しても効果はありません。


それでは海綿骨の多い部分のツボを刺激したら流れを変えられるのか?

答えは絶対にノーです。


関節部には海綿骨が多く、血や水の流れのジャンクション部だから、そこを刺激するというのは、肩が凝っているから肩を揉んだとか鍼を刺したというのと何ら変わりはありません。これでは発想力が本当に貧相です。


一つ一つは、他の要素からの結果です。つまりツボの存在は、その部位が他とは違うところというだけです。この考え方ができる人だけが「気」とは何かを明確にできる術者です。他と違う場所は他にも沢山あります。それが目の前にいる患者の病気や症状と必ず関係あるとは言えません。それなのにツボを探すことに注目するのは着眼点が間違っています。


ジャンクション部の異常は、複数の要素で成り立っているのです。つまり他の経路があります。それは経絡でもありません。全く違う経路が存在しています。それに気づいた人のみがわかる世界というのがあります。それをもっと多くの人に伝えたい。そんな気持ちで活動しています。


様々な考え方ができる鍼灸師を育てたい。そういう思いです。

鍼灸の話ではありませんが、身体の基本となる骨の話です。


どの医療でも身体の基本となるのは骨です。骨があって内臓もあり、筋肉も各組織があります。

つまり骨の状態をよく観察することは分類に役立ちます。

それができてこそ脉診や筋反射が成立します。いきなり脉診や筋反射で判断することはできません。


頭蓋骨は、アプライドキネシオロジーなどでもよく言われていることですが、花粉症と言われるような症状であっても頭蓋骨の変化はでてきます。ただ、頭蓋骨が歪むというような表現は、あまり好きではありません。

それでも触診をすると歪んでいるように感じられるのは事実です。骨は、単純に骨だけで存在している訳ではありません。膜も筋肉も脂肪も腱などがあるので、歪みのように思える感覚も、それらの異常が関係していると考えた方が腑に落ちます。

そして頭蓋骨で一番注目するのが「水」の流れです。「水」の流れと言っても、それを計る道具はありませんから、感覚的な範囲でしか判断ができません。

つまり、触診で感じるしか、リアルタイムで状態を観察できないということになります。もし、「水」の流れが悪くなり、腫れを起こしたり炎症を起こしたりすると、その周囲の組織は機能が落ちるはずです。

顎の動きや目の動き、首の動きに影響がでてきます。


そこへ何らかの手技や刺激を与えることによって、その流れが良くなると、一瞬で変化が起こり、歪み(感覚的な変化)がなくなることがあります。「水」の流れですからうまく流れれば一瞬で流れることは予測がつきます。血の流れが1分で全身を巡るとされている訳ですから、「水」の流れはもっと速いと想像できます。一瞬で症状が改善することもあります。


ただ、一般的にアプライドキネシオロジーなどでは、頭蓋骨に手技を直接与えたりしますが、これは、緊張している筋肉を揉むのとあまり変わりがありません。つまり、効果は薄いと考えられます。

解剖学的な変化を論理的に説明できたとしても、それを直接手技で刺激を加えても大きな変化があるとは思えません。


それではどうするのかが問題になってきます。頭蓋骨は、手足、体幹の力を集約するような形状をしていますし、実際にその働きがあると考えられます。だから首から上の頭蓋は、手足の状態をあらわす指標となります。

例えば、左の頬骨から側頭骨、前頭骨の緊張があると左手や左肩甲骨、左仙骨、左足首などは顕著な異常をあらわします。つまり、これらは連動している変化だとわかります。

単独で頭蓋骨だけが緊張するということは考えにくいということです。ということは、手足の力がうまく配分されなかったことが大きな原因で、最終的に頭蓋骨の異常となったということです。だから頭蓋骨に刺激を与えるのは本末転倒です。何が親で何が子供なのかがわかっていないと頭蓋骨の刺激は意味を持ちません。


これが事実なら、手足体幹と頭蓋骨を一つのグループとして、一箇所で刺激ができるはずです。鍼灸で言う本治法ができるようになります。それを行うことで頭蓋骨が動き変化を実感することができます。しかも一瞬で変化を感じとることができるようになります。


頭蓋骨の異常があって頭蓋骨を刺激するという場合もない訳ではありませんが、頭蓋骨を刺激して、頭蓋骨を治すのではなく、頭蓋骨を刺激して体幹や手足に影響させるという場合にのみ頭蓋骨に刺激をするということができます。

それは脳神経へのアプローチでも同様です。例えば、延髄、橋の異常があることがわかったとします。それで環椎や後頭骨をアプローチしても、絶対に延髄橋は動きません。

動いたとしても、限定的です。しかし、一般的な手技療法は、そういう刺激の仕方をしています。

もっと全体を観察する能力が必要です。頭蓋骨の変化は一部の現象です。つまり、肩が凝ったとか腰が痛いというのと何ら変わりません。ただ、それを患者自身は自覚していないだけです。


頭蓋骨の変化をどういう方法で分類するのか?

その分類したものと全身をどうつなげていくのか?


そういうことが問題なのです。


分類は様々なものを対象にしています。身体の状態を良い方向にする為なら常識を超える必要があります。


骨のアプローチは頭蓋骨だけにとどまりません。足首や手首、仙骨なども対象になります。それらを総合的に判断できる能力は鍼灸師として自信をつける最大の武器になります。



明確な分類ができるようになってこそ、抽出ができる技術が身につきます。

つまり、学問としての医療です。分類もしないで、いきなり学問はありません。

明確な分類をする方法と、分類を元にして抽出した「証」から治療を施すことが必要です。


一般的な治療の解釈


症状に対して処置をする。

つまりやり方を重視する方法論です。やり方を覚えて実行すると一定の効果を出せるというものです。しかし、一つの症状は様々な要素の中の氷山の一角です。要素が絡み合って一つの症状がでています。臨床をやれば直ぐにわかります。

一対一、つまり一つの症状に一つの原因なんて殆どありません。一対多か多対多の関係が殆どです。

しかし、一般的なやり方は、症状に対して、考え得る複数のやり方を確率の高い順番にやっていく方法が主流です。つまり、これがダメなら次のやり方という方法です。

しかし、このような方法論は、一つのやり方を行った場合の副作用のことは考えられていません。水面に小石を投げれば波紋が広がり、その波紋の上に違う波紋を作れば更に複雑になり治療時間が余計にかかってしまうことは想定されていません。また、そこで意図しない弊害が起こるかもしれないことは考慮されていません。しかし、それがスタンダードなやり方です。これに疑問を持つことができないと何もはじまりません。

できるだけ副作用をなくして最短にするには何をすれば良いのかを考える必要があります。


鍼灸院に来院する人


特に鍼灸院に来院する人は単純な症状であっても一つ二つの要素の人は来ません。複数の要素を抱えています。

どんな状況になっているのかを分類し明確にする技術が必要です。しかし、これを明確にする方法論が確立されていません。何が問題で、それがどのような状態になっているから、どんなことが予測でき、それに対する処置はどうかを明確にする必要があります。

治療の方法というより、どのように分類するかが基本なはずです。ただ、これを一人で研究しようとすれば膨大な時間がかかります。それを提供するセミナーなので、着眼点を鍛えるセミナーと言えます。

症状に対してのやり方で症状が緩解する人は、他の治療で治っていきます。鍼灸師は、そうでない多くの人を対象にしている職業なのです。


分類、抽出、トピック、非対称


トリーズの発明原理を自分なりに解釈し、治療に応用しました。

TRIZ(発明的問題解決理論)とは何か?

 TRIZ(トリーズ)は、膨大な特許・技術文献の統計的分析に基づき、革新的な問題解決のための発想の着眼点や、思考プロセスを体系化した理論です。


分類


どんなことも分類ができないと分析する要素を見つけることができません。分類は比較によって生まれます。人は、最初から分類ができたわけではありません。赤ちゃんは、いちごの甘酸っぱさと、みかんの甘酸っぱさを比較できません。

分類は、知識や経験をできるだけ捨てる必要があります。つまり感じることに徹し、概念にとらわれることなく観察するということです。

今までは、この方法を細かくやってきました。筋力検査やタッピング、皮膚張力検査などは、分類をする為の方法ですが、これを理解する為に、ベンジャミン・リベットの意識の話や量子力学の話など含めてしてきました。知識や経験を捨て、徹底的に分類することを目的としてきました。どんな学びをしても、これが曖昧になっているので、応用が効かない為に目標に到達できません。


抽出


抽出は分類の上になりたちます。「水」の流れで、場所が上腹部、深さが筋肉という分類ができれば、そこから脾胃の異常を抽出することができます。これは予想や想像が入っていますので、知識や経験が必要です。関連付けができる異常を明確にすることを目標にしています。分類したものをどうまとめるかが大切です。これもあまり知識や経験が先行しすぎると正しい結果を得られません。

東洋医学を真面目に学んで、重箱のスミをつつくような議論というのは分類しないで空想の中で行う議論です。分類方法が確立されていないのに抽出しようとしているから、占いのような側面が見えてしまうのです。

西洋医学は観察を完全に機械に任せていますので、抽出が大きな仕事のように思います。ただ、分類が肉体のみになっているので、その要素が限られています。抽出の仕事は、近年のAIの発達によって、医師より、AIの方が的確になってきているのではないかと思います。今は不完全でも、今後更に発展することは間違いありません。

しかし、このような方法ではわからない症状や病気が複数存在します。

分類する範囲をもっと増やして考えていかなくてはなりません。そこから抽出する技術というのが必要不可欠になってきます。


トピック


トピックは、分類しにくい状況の時に、「水」のみを調べるという一つのことに集中して調べていく方法です。それはどんなことでも構いません。筋肉に特化して動きのみを調べるということでも構いません。しかし、この時も分類と同じように知識や経験を捨てて、観察に撤さなければなりません。主に局所経気に対する問題を解決する為に行う方法と言えます。


非対称


非対称は、新幹線の座席が2列と3列にわかれているという発想と同じで、そのものズバリを的確に当てはめる方法と言えます。見たままで治療するという方法です。ビジュアルの発想力が重視されます。

きっと二人一組の旅より、3〜4人一組の旅の人もいることから、そういう人たちのニーズにも対応する為だろうと思います。

例えば、パッと患者さんを見た時に胸のあたりに何か影のような感じがあるから胸を中心に、その人の治療をするみたいな方法です。これには分類や抽出などから得られたものを感覚的にひとまとめにしてできる能力も必要かもわかりません。直感力が重要な意味を持ってきます。

これらの方法を見て思うのは、抽出以外、知識や経験が必要なものはありません。多くの発想は、知識や経験を捨てることで成り立ちます。そして、力を抜いた時に起こるものばかりです。知識や経験を捨てることは滅茶苦茶難しいので、この訓練の話は終わることがありません。同じ話のように思えるかもわかりませんが、自分自身の思考に気づく為には、この訓練が間違いなく必要です。知識や経験ではどうすることもできません。

抽出は分析し、まとめることでなりたつので、最終段階と言えるかもわかりません。いきなり抽出はできないので、分類がしっかりできていないと抽出はできません。

医療もアイデアを発見する手順ととてもよく似ているので、これらを明確にすることを目標としてきました。






Blog | 御薗治療院公式hp | Japan |  鍼 - マッサージ - メタトロン - オルゴン

Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
bottom of page