呼吸は意識的にも行えますし、無意識でも行えます。

無意識から意識、意識から無意識への橋渡しをしているようにも思います。


養老先生が言っていましたが、睡眠は意識が今、睡眠に入ったという瞬間を認識できない。

つまり意識は無意識と地続きだと言うことです。


意識は無意識の行動を後で気づくことができますが、瞬間的には気づくことができません。

しかし、それに気づかないと無意識は同じことを繰り返してしまいます。


ゆっくり綺麗に小さく一定に身体を動かそうとすると動きに注意深くなります。

動きの粗が見えてきます。

この動きをすることで、動きそのものの欠点が見えてきます。


小さい動きは、大きな動きの縮小された動きです。小さい動きをよく観察していれば、大きな動きやスピードのある動きがよくわかります。


呼吸もこれと同様のことが言えます。


吸気は努力が必要で、呼気は力を抜くと自然に排気します。

しかし、最大呼気は、力が入ります。

逆に最大吸気は、意外に力がいらないことに気づきます。


努力系は吸気のはじめと呼気の最後で、呼気のはじめと最大吸気はあまり力がいりません。

肩甲骨の動きは最大吸気で自由度がまします。最大呼気では、自由度が妨げられます。


最大呼気の周辺は、力を発揮するのに優位です。

つまりウェイトのような重いものを持つのには有利と言えます。

最大吸気の周辺は、力を緩めるのに優位です。力を抜くには最大吸気付近が適当だということです。

深呼吸をさせるのは、その為だろうと予測できます。


この原則にあてはめて呼吸をさせると、運動能力をあげられる可能性はあると思います。

単純に呼吸と言っても闇雲にやったところで効果はでません。

これを理解する必要があります。





身体を動かす時に、なぜ呼吸をさせるのか?


ウェイトトレーニングをする時、呼吸をさせたりしますが、それはなぜ呼吸をする必要があるのですか?

という質問にあまり正確に答えられない人が多いのではないかと思います。


過去の記事を読んでもらうとわかると思いますが、一つの理由として腕を使うような運動をする場合、呼吸をすることで内圧をあげられるからかもわかりません。


しかし、その詳細は明確ではありません。


例えば、完全な吸気で行う肩甲骨の動きと、完全な呼気で行う肩甲骨の動きは違いがあると思います。

呼気は肩甲骨の動きが小さく、吸気は肩甲骨の動きが大きくなるのがわかります。

このことからも力が出やすいのかもわかりません。


腕の運動をする場合、肩甲骨の状態がどうなっているかは大きいはずです。

完全呼気によって肩甲骨の動きを制限させた場合と完全吸気によって肩甲骨の動きに自由度を与えた場合とでは、腕の使い方が違うということです。


例えばベンチプレスをする場合、吸って腕の力を出すより、吐く、叉は息を止めた方が力が出やすい感覚があると思います。

だから呼吸をさせるのか?

特に最大負荷がかかった時は人に言われなくても自然にそうなります。

それならば逆に最大吸気で腕を使うと違う腕の筋力を鍛えられるかもわかりません。


やりにくい状態にして行う運動とやりやすい状態での運動では使う筋肉が違う可能性もあります。

それなのになぜ最大で呼気なのか?


ウェイトトレーニングだけでなく、ヨガやピラティス等でも運動を行うさいに呼吸をさせたりします。

息を吸った方が肩甲骨の動きが良くなるはずなので最大に引き延ばすような運動時には吸気を使い、力を使う時には呼気を使うということなのでしょうか?


非常識的ですが、逆をやれば、逆の筋肉が鍛えられる可能性はないのか?

という疑問が起こるということです。





昨日の続きですが、膝の位置は立つ為には非常に重要です。


転倒して膝を痛めた。

その前に通風の痛みがあり、痛風の足の痛みはなくなったけど、転倒して捻った膝の痛みが治らない。

膝が曲がらない伸びない。

何をしていても痛む


という状態でした。

膝を触診してみれば膝の内側が腫れているのがわかります。

脛骨の上部の内側から膝蓋骨の内側が腫れています。


膝から足首を見てみると、通常の状態で座っているはずなのに足関節は外旋した状態になっています。

つまり、まっすぐ座れないし、立てない。。


膝が腫れているからではありません。

この姿勢だから膝の痛みが治らない。


姿勢が悪いというより、膝関節は外側に捻れる力がかかり続けているということです。

当然ですが、足首も腫れています。

これも通風によって腫れているのではありません。

脛骨内側は、かなり圧痛があり、外果の後側、内果の前側、足背や踵骨内側にも圧痛があります。


股関節の前側の緊張は当然あります。

これがあることで、膝が伸びないし、腰を立てることができないので、股関節の前側や恥骨、仙骨にも問題が異常になっています。


そして恥骨から仙骨を通って、胸部に向かうラインがあります。

実は、心臓からの影響があって、膝にきていたので、胸の問題もあります。

この胸の反応がなくなると膝が伸び、曲げることができるようになってきました。


足首の位置は、とても重要です。

足裏がしっかり地面を捉えて、膝が真正面になる位置をとれるようになると足底、足首、膝、股関節が重力軸にそって立てるようになってきます。


この位置が足の筋肉を過不足なく使える位置です。

この方の場合は、心臓からの影響で足の位置が悪くなり、その状態が続いていて膝を捻ったことによって、痛みを起こしたのです。


膝を捻っただけでは、この痛みにはなりません。

しかし、膝の痛みを訴えて来られたら、誰でも膝を中心にみようとします。

それでは何も見えてこないということです。







Blog | 御薗治療院公式hp | Japan |  鍼 - マッサージ - メタトロン - オルゴン

Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square