肩から肘


肩関節は肘とつながっています。

肘は肩の次にある関節ですが、上腕二頭筋と上腕三頭筋でつながっています。

上腕二頭筋は初動では、あまり緊張せず、上腕筋が上腕二頭筋を押し上げて肘をまげます。


これは、制御しやすいようにしている動きなのではないかと考えられます。収縮して肘を引き上げるより、弦のように突っ張った上腕二頭筋を上腕筋が持ち上げるように距離を縮めた方が制御しやすいからだと考えられます。


そして筋肉は雑巾のように絞られて収縮します。


その結果、肩関節は内旋位になりやすく、自然な形では内旋方向に変位していることが多くなっています。

力を出す時にも肩関節は内旋優位です。

体調が悪くなっても内旋が優位に働きます。

肘関節やや屈曲、肩関節内旋、肩甲骨外転上制 ← ボクシングで言うところのクラウチングスタイルです。


しかし、安静にしていても、この位置を保ち続けます。ここで片寄りが生じる訳です。

だから外旋方向には行きにくく、肩関節を後ろに軽く押すと、それで安定しやすくなります。


肩関節が内旋優位になると肘関節は内旋方向に屈曲優位になります。これは常に連動しているからです。

肩だけでは問題が解決しないのも、その理由からです。

筋肉が雑巾のように捻れて縮むということだろうと思います。


だから、上腕二頭筋の捻れをとらないと、肘関節は外旋方向に伸展しないということです。


それにつられて、肩甲骨も外転上制してしまいます。そして顎を出して緊張します。

そういう形になっている人は、常に緊張しています。


精神にも影響を与えるのだと思います。




Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square