肩関節の調整


肩関節は複雑な動きをします。

一種類の動きではありません。多軸関節と言って、他方向に動く関節です。

余計な力をかけると、逆効果にもなります。


関連性のある動きを弱い力をかけていきます。それで十分動きに変化がでてきます。


そんな弱い力で?


と思うかもわかりませんが、大事なのは情報です。

筋肉は命令されて収縮しているので、脳から送られる命令が間違っていたら、正しく動きません。


筋肉へのアプローチだけでは問題が解決しません。正しい情報を筋肉に与えなければなりません。


そして、それは確実な情報でなければなりません。問題のある筋肉だけを収縮させる意識を与えるということです。


そして、それを繰り返し、繰り返し行う訳です。

一回では変化は少なくても確実に動いてきます。その方が副作用なく確実に効率よく動いてきます。


筋肉を変えるのではなく、意識を変えるのです。意識を変えるのに大きな力は必要ありません。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square