肩甲骨と腸骨

肩甲骨と腸骨には共通点があります。

腸骨は仙骨に対してくっついている骨です。


違いは、腸骨に対してくっついているので、ほぼ動かない。

肩甲骨はご存知のとおり自由度が高いです。


これは上肢より下肢の方が安定性が必要だからだろうと思います。

ただ、役割としては、よく似た役割をしているように思います。


腸骨にくっついているのは大腿骨です。肩甲骨に上腕骨がくっついているのと同じです。

腸骨は自由度より安定性と力強さを求めたから、こういう形になったのではないかと考えています。


そう考えると腸骨の動きは意外に重要だとわかります。

腰痛時に仙腸関節のことを云々する人がいますが、意外に仙腸関節の問題より腸骨、大腿骨の関節に問題がでているように思います。


立位になって触診を行った場合、胃経、胆経のあたりの緊張を認めることが殆どです。

もちろん肩こりなんかでもそうなっています。


この状態は下腹部に力が入らない状態で、お尻が後ろに引ける状態になって上半身が前に傾く形になります。

腰痛も前屈した時に痛みがあるのが多いのは、この緊張があるからです。


実はこの緊張は、もっと違う問題と関係してきます。





Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square