気持ちが良い痛み

痛みが楽になってくると痛む場所が移動することがよくあります。

腰の右側の痛みがあったのに、調整が進むと中心によってきたりすることがあります。


この状態になると、痛みはあっても、それまでの痛みとは違ってきます。

身体からの信号は動かせそうという信号に変わります。


耐え難いような痛みは、動かそうと思っても動きません。この状態は下手に動かさない方が良い状態です。

ただ、この状態でも全く動かさないのは、痛みを放置することになるので、僅かには動かしていた方が次の段階につながります。


しかし、痛みが移動してくると耐えられる痛みになってきます。

こういう時は、思った以上に動かせます。


この状態になると動かした方が楽になります。

痛いから悪いのではなく、痛くても動かせる状態なら治る気がしてくるのです。

痛みと心理状態というのは密接に関係あります。


怖くて動かせない状態と、痛くても怖さが消えてきた状態というのは、同じ痛みでも全く違うので、どんどん動かした方が楽になってきます。


人によってその感覚は大きく違います。




Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square