相似形

部分は全体をあらわし、全体は部分にあらわれる。


この考え方は、面積や長さの比率は違えど、同じ形ということなんだと思います。

昨日は舌の写真をみてもらいましたが、左の舌がやや分厚くなって右側が引っ張られるような舌でした。

これは右側に力がなく、左側が縮んでいるということになります。



つまり、右半身の力がなく、左側に引っ張られています。

なので、右側の顔面部も長くなって、左側は小さくなるということが予測できます。


手の形や耳の形、お腹の形も全身をあらわしていたりします。

数学で言う相似形とはちょっと違いますが、類似している形になっているということです。


爪の形にもあらわれたりします。

どこが全身を一番あらわしているのか?


という選択が必要ですが、舌の形だけを観察しても、全身の状態がある程度わかるということです。

東洋医学は、とても曖昧な医学です。

西洋医学のように明確ではありません。


ただ、三次元の世界では明確でないということなのです。

身体を展開するとシンプルな形になってきます。

そのシンプルなものを捉えて治療するというのが東洋医学です。


曖昧だけど正確というのが東洋医学の面白いところです。

しかし、本来、西洋医学の現場でも全く同じことが言えます。


教科書どおりに病状が進む人は、案外珍しく、どれだけ正確に行おうとしても曖昧さが残るのが医療の本質です。

つまり、人によって違うということなのです。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square