top of page

「気」

「気」とはなにかをAIに聞いてみました。


「気」は軽微なものとされています。どう軽微かが大切なのですが、この文章を読むと、電気とは違う非物質性があり、あるようなないようなという説明でしかありません。


「気」は意識や思考と共通する部分があり、意識を高めると「気」によく似た性質を示しますが、意識とも違います。


Geminiの解説


東洋医学における「気」は、簡単に言えば、生命エネルギーです。目に見えない存在ですが、私たちの体の中を巡り、体の機能を維持したり、生命活動を支えたりする役割を果たしています。

具体的な機能としては、以下が挙げられます。


体の機能を維持する: 臓腑の働きを促し、血液や栄養素を全身に運搬する

生命活動を支える: 成長発育、老化、免疫など、生命活動に関わるあらゆる過程に関与する

防御機能: 外邪(病原体)の侵入を防ぎ、体の抵抗力を高める

精神活動: 精神活動を支え、感情や思考に影響を与える

「気」は、目に見えない存在なので、科学的に証明することはできません。しかし、東洋医学では、気のバランスが崩れると、病気や体調不良が起こると考えられています。そのため、鍼灸や漢方などの治療法では、気のバランスを整えることで、病気を治したり、健康を維持したりすることを目指しています。



「気」を理解するポイント


目に見えない存在であり、科学的に証明することはできない

生命エネルギーであり、体の機能や生命活動を支える

バランスが崩れると、病気や体調不良が起こると考えられている

東洋医学では、気のバランスを整えることで、病気を治したり、健康を維持したりする


共通点

目に見えない: 気も電気も、目で見えない存在です。

エネルギー: 気も電気も、エネルギーの一種です。

体の機能に関与: 気も電気も、体の機能に関与しています。

相違点

物質性: 気は非物質的な存在と考えられていますが、電気は電子などの物質によって構成されています。

伝達速度: 気の伝達速度は明確に定義されていませんが、電気は光速に近い速度で伝達されます。

測定方法: 気は科学的に測定することができませんが、電気は電圧や電流などの方法で測定できます。

このように、気と電気にはいくつかの共通点と相違点があります。電気のような性質を持っている部分もありますが、完全に同じ存在とは言えません。

気と電気の捉え方の違い

東洋医学: 気は生命エネルギーとして捉え、目に見えない存在であっても、体の機能や生命活動を支える重要な役割を果たすと考えます。

現代科学: 電気は物質的な存在として捉え、電子などの物質によって構成され、エネルギーを伝達する役割を果たすと考えます。


このように、気と電気は、捉え方や理解の仕方が大きく異なる存在です。

結論

気は軽微で目に見えない存在であり、電気と共通点を持つ部分もありますが、完全に同じ性質を持っているとは言えません。それぞれの性質や捉え方の違いを理解することが重要です。


電気とよく似た性質はありますが、かなり速いことが大きな特徴だと私は考えています。

人が認識することができるスピードを遥かに超えている存在です。

そう考えると、鍼刺激をする前の段階で働いていると言えます。

まさに、ベンジャミン・リベットが言っているように0.5秒前の脳の活動と言えるのではないかと思います。

そして量子力学で言う波であり粒であるという二重性など、人間が認知できるものを超えている存在と言えるのではないかと思えます。

ということは治療をする前の段階で働いているので、「気」が動いた時の結果は、人間には認知できない速さと言えるのです。

人の考えというのは、認知が終わった後の段階で思考します。

美味しいものを食べる瞬間、口元にもってくる前に美味しいか美味しくないかを判断しています。

日本人が料理の器に注意するのは、単純に美しいからではなく、食べる前の段階を認識しているからと言えます。

それぐらいスピードのある「気」ですが、治療時間が長いというのは、本当に「気」を扱っているのだろうかと疑問に思えます。

これだけ酷い症状だから刺激を長くしないと効果がないと勝手に思い込んだ結果なのではないかと思います。


もしかすると、そもそも「気」と意識をわけて別のものとして考えること自体がおかしな話なのかもわかりません。

これらはつながっているはずです。

この意味を理解できた人が「気」を扱えると思います。



Comentários


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page