足裏からの情報

足の裏は、地面を捉える重要な部分です。

しかし、足の痛みを訴える人は、この情報を脳に伝えることができないのだと思います。


そういう人の足首をよく観察してみると多くのことを学べます。


脛骨の遠位部内側は皮膚緊張がある。

腓骨遠位部も皮膚緊張がある。

膝蓋骨内側下部に皮膚緊張がある。

腓骨頭の後側に皮膚緊張がある。

脛骨近位部の内側(膝の内側)の一部に皮膚緊張がある


踵骨内側が外販方向に遊びがない

距骨前内側方向への遊びがない

距骨後外側方向への遊びがない


舟状骨の外側 中間楔状骨 内側楔状骨も部分的に皮膚緊張がある


足の各指にも先端から基節骨に向かって皮膚緊張がある


皮膚の状態だけをみてみても、このような緊張があることに気づきます。

さて、この緊張は緩むのか?


それを緩ませるのは皮膚なのか?

関節なのか?

そう考えるのは一部の話です。

もっと大切なことがあります。




Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square