世界はスッカスカ16

意識して手を動かす時、どの筋肉を使うのか?

どんな意識を使えば良いのか?


それらに意識は集中されます。

しかし、その動きは命令されて動いていることに気づくことはありません。


やはり実際に動いている指先に意識が集まるので、手にしか意識がいきません。

だから、もし字を書きすぎて痛みが出ると、手の筋肉を使い過ぎたからだと言うことになってしまうのです。


つまり、使い過ぎた筋肉に焦点を当てているのです。

なぜ、そんなことに焦点を当てるのでしょうか?


その筋肉を動かした命令はどこにいったのでしょうか?

その命令を変えようとしないのは何故でしょうか?


スポーツ選手がどこかを傷めると、痛めた筋肉や関節に注視します。整形外科に行っても注意は、痛い場所の関節や筋肉です。つまり物療の対象となる物質のみです。

決して、その人の命令には焦点を当てません。


つまり、脳内から起こる電気信号には誰も焦点を当てないのです。

電気信号を送っているという実感がないからだと思います。

脳からの信号が誤っているから筋肉に負担がかかり、その結果炎症を起こしているとは考えません。


そして脳内には、その電気信号を送るシステムがそなわっています。

その脳はエンタングルメント状態で、意思決定はゆらいでいるということになる訳です。


筋肉に注視しないで脳内の信号に焦点を当てなければ、解決にはならないのでは?

意志は電子のありようまで変えることのできるもののはずです。

自分の身体の状態を変化させられないはずがありません。


その為には、運動させてはいけないのでは?

という発想になるはずです。


動いてしまえば筋肉に意識は集中してしまいます。

しかし、動かなければ筋肉には集中しないので、信号の流れもよくわかります。


つづく




Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square