膝の痛み

右膝がしゃがむと痛みがあると言います。

膝ではなく足首を観察すると、色々なことが見えてきます。


膝は屈曲伸展が主な動きですが、屈曲しながら、やや内転の動きができます。

遊び程度の動きですが、この動きが膝の痛みと関係していることが多いようです。


この時に足首が内反してしまうとやりやすくなってしまいますので、あくまでも地面に足の裏をつけた状態で屈曲することが必要です。


つまり足裏や足首の位置によって、膝の屈曲内転の動きは決まってくるということです。

右膝の痛みがある方でしたが、全く屈曲内転が座位でできません。

無理やりさせようとすると大腿部が動いてきます。


この動きをする為には足首を外反させながら背屈できなければなりません。

もちろん、膝の位置を変えずに行うことが重要です。

それによって足の裏が地面につき確実に地面の力を体幹に伝えることができるようになるからです。


このような僅かな動きを見逃さないことが重要なのです。

もちろん、原因は違うところにあるのですが、この動きができるようになることは一つの目標になります。

何の目標もなしに痛みのあるところに漠然と刺激しても楽にはなりません。


膝の痛みがあるのなら最低でも膝の動きや、膝と関係する足首や股関節の動きは確認しておきたいところですよね。




Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square