top of page

緊張する

身体が緊張しているということはどういうことか?


緊張=悪い

弛緩=良い


こういう思い込みが誰でもあると思います。

確かに、この関係は間違いではないのですが、それでは誰が緊張させているのか?

そういう問い掛けをする必要があります。

緊張させている正体がわかれば緊張をやめれるはずです。


筋肉が緊張しているから筋肉が悪い?

筋肉が悪いから、筋肉を刺激する?

固まっているから筋肉を伸ばす?


ものすごく幼稚な結末ではないかと思います。

誰が緊張させているのか?

何が緊張させているのか?


これを考え、それを変えないと緊張は緩みません。

また、様々な原因を特定しますが、目に見える原因だけ追求してもそれがやめられるとは思えません。

緊張したのは結果です。

つまり、この結果を起こす前の段階にフォーカスしないと何もわかりません。

それは自分自身であることは間違いないのですからね。


緊張する前の段階、つまり認知する前の段階に意識を向け、そこからくる情報を書き換える必要があるのだと思います。

全ては情報です。

情報があるから緊張しているだけです。


その情報のことを日本人は「気」と呼んだのだと思います。

これを最初に理解していないと、全てが間違った方向にいきます。


運動なら、運動する前の動こうとした瞬間にあります。

その瞬間を捉えていないと何もはじまりません。

それを訓練する方法があります。

それを訓練する意識の仕方があります。


そこさえわかれば様々なことに応用できます。

しかし、それは確かに難しいし、簡単にはできない。


できない=悪い

という考え自体がおかしいのです。

できないことは、悪いことではありません。

できないという現実があるだけで、できないことをわかったというだけです。

まずは、この考え方が大切です。


できたら良いのか?


スポーツは、できる、できないにフォーカスしすぎます。

なぜなら、スポーツはゲームであり、勝者と敗者が存在するからです。


できる=正義 (勝者)

できない=悪 (敗者)


なのです。

これがスポーツ脳の欠点です。これでは認知して現実までにしかフォーカスされてない。

スポーツは、この考え方の先を知る必要があります。

スポーツをもっともっと発展させることで、それに気づくことができる方法でもあります。

スポーツが良いとか悪いと言っている訳ではありません。


その取り組み方によって大きな違いがでてくるということです。

ただ、勝たなくては楽しくないという側面があるので、どうしても、できる=善になってしまいます。

これを乗り越えない限り、本当に楽しいものにはなりません。

勝者=善という考え方は小さい時に培われます。

なかなか消えないのは、その教育の為です。


治療も全く同じです。

術者がこれに気づいていないと、治す=善 治らない=悪

にしかなりません。

治せるけど、治す事が目的ではない。

そこにフォーカスしていないと本当の意味で治ることにはならないのです。


東京セミナーでは、この考え方を元にして臨床を見せていく予定です。

これがわかると全ての治療の本質がわかるようになってきます。


やり方ではない本質を知る。

何々流とか何々法というセミナーにあきた人は、参加する意義があります。


東京セミナーのリンク




Commenti


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page