思うだけ

運動で究極に頑張らない方法は「思う」だけです。

思うだけなら頑張る必要はないし、思うだけならどんなことだってできるはずです。

しかし、よく考えると、本当にどんなことでもできるのでしょうか?


思いだけで良いので空を飛んでみて下さい。もちろん飛行機に乗っているイメージではありません。

実際に自分の身体が空を飛ぶイメージをしてみるのです。


これがなかなかできません。


そう思うと人って経験や記憶に支配されていると思います。


経験したり見たことがあることは想像できますが、見たこともなく、経験もしていないことは思うことすらできません。


宇宙の果てをイメージしてと言われても絶対にできませんよね。誰も見たことないのですから想像のしようがありません。


思うことは記憶に支配されている事はわかりましたが、経験している事なら思うことは簡単なはずです。

しかし、これがなかなかの曲者で、経験したことも思うことさえできないことがあるのです。


足をあげる。

健常者なら誰でもできるはずですが、ゆっくりあげると思ったように動きません。


あれ?


ってなるのです。

これはどんな動きをするか意味もわかっているはずで、毎日経験している行為ですが、ちょっと動き方を変えただけで意外にできなかったりするのです。


腰が痛いと言っている人にゆっくり足を床から1㎝浮かしてください。

と言っても、10㎝ぐらい挙げたりします。


日本語が通じていないのかな?

と思う程、何度説明してもできない人もいます。

これは、行ったことのない宇宙の果てをイメージするのと同じぐらい困難なことになっているみたいです。


そう思うと思うことって何?

って思ってしまいます。















Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square