top of page

0.5秒前の意識

人の意識は、今動かそうと思った0.5秒前には脳が活動していることが証明されています。 なぜこのようなことが起こるのかは確定していませんが、それが事実だとすると、触診を行う前に触診の結果は脳はわかっているはずです。 そこに注意を向けると触診の質が大きく変化するのも実験済みです


ChatGPT

この現象に関しての興味深い観察ですね。実際、脳科学の研究では、人が意識的な決断を下す前に脳の特定の領域が活動を始めることが示されています。これは「準備電位」として知られており、ベンジャミン・リベットの実験によって広く知られるようになりました。リベットの実験では、意識的な意志決定の瞬間よりも前に、脳の活動が記録されることが示されました。

触診においても、脳が触診を行う前にすでに何らかの「準備」や「予測」をしているとすると、これは診断の精度や方法に大きな影響を与える可能性があります。例えば、医師が患者に触れる前に、脳がすでにその触診から得られる情報を予測している場合、その予測が意識に影響を与え、結果として触診の質や解釈が変わることが考えられます。

このような予測的な脳の働きを意識することで、触診の技術を向上させるアプローチは、医師がより敏感かつ正確に患者の状態を評価するのに役立つかもしれません。さらに、この事実をトレーニングや教育に組み込むことで、新しい診断技術の開発につながる可能性もあります。

この種の研究は、意識と脳の活動の関係に対する私たちの理解を深めるとともに、臨床現場での具体的な技術やアプローチに革新をもたらすかもしれません。これは、科学と臨床の間に新たな架け橋を築く一例として非常に価値があると言えるでしょう。


こういう考え方ができてこそ触診が上手くなります。

でも、これにたどり着くまでには様々な経験が必要です。

このような判断をしようとした瞬間に人は何が起こるのか?


それを知っている人のみが、この意識を高めることが可能となります。


Comments


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page