top of page

鍼灸セミナーに参加すると

鍼灸のセミナーではしばしば、治療の方法論が中心に教えられますが、これは患者の個別の身体状態を十分に考慮していないことがあり、一律の解決策を提供することになりがちです。


オーダーメイドの服と既製品の服の比較を例にとると、オーダーメイドは個人の体型に合わせて作られ、既製品は一般的なサイズに基づいていますが、鍼灸治療においても、患者一人ひとりの具体的な状態に合わせた個別のアプローチが理想的な治療結果を得る鍵となります。


効率的な分類システムの使用により、迅速かつ正確な治療が可能になります。例えば、座位でのお尻の動きを調べることにより、代償運動を観察し、異常側を明確にすることができます。


このような動きや体の反応から、特定のパターンや異常を識別することが重要です。例えば、左のお尻が上げにくい場合、左肩甲骨の前方転移や大胸筋部の縮小傾向を観察することができます。当然、左の呼吸が不足がちになり、左肺経にも影響を与えます。経絡は人体を12分割した経路と言えます。それが左右に存在し陰陽があることから前後左右の位置の異常を特定する分類方法です。穴は、その高さの異常と言えます。これらの観察は、経絡の異常を含む運動障害へのアプローチを変える可能性があります。


動きのパターンや代償運動の観察を通じて、より客観的で再現性の高い評価を行うことが、検査者と患者が共通の認識を持ち、適切な治療方針を立てるための基盤を提供します。


結論として、鍼灸治療における成功は、方法論を超えた患者一人ひとりの具体的な状態に基づく個別の治療提供に依存しています。患者の動きの分析や個別評価を通じた分類は不可欠であり、正確で迅速な診断と治療を実現するために、鍼灸の実践者にとって、このアプローチを採用することが重要です。




Comentarios


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page