top of page

自分の身体を把握する

自分の身体の状態を把握することで、脳を活性化させることができます。


つまり自分の身体を認知するということです。

認知が上手くできれば、勝手に自分で治療していくように思います。


身体が疲れて仕方がない。

病院で検査したけど何の問題もない。

自分の身体への認知不足の可能性があります。


自分の身体は自分の意思で動いていると思いがちですが、歩行の時に右足を出してとか考えてないです。

それでも歩けるのは、歩行の動作を繰り返し練習したからです。

赤ちゃんの時には、キチンと歩けません。


少しずつ練習したから歩けるようになったのです。

つまり歩行の時に使う動作を認知し、記憶し、それが自動的にできるようになったからです。

自分は本当にキチンと歩いているのだろうか?

という疑問を持ってみてください。


きっと、ぎこちない歩き方になっているのにびっくりします。

自分を認知するには方法があります。

ゆっくり、小さく、正確に歩くことです。

それをやってみると色んな発見がありびっくりするはずです。




Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page