自分のことを知ろうとする

自分のことをしろうとしない人は治すことも難しい。


足がパンパン

しかし、鍼先で触れてもチクチクするぐらいで痛みを感じてくれません。

通常は、そういう場所を鍼先で触れると強烈な痛みを感じます。


そうとう痛覚が弱っているのだと思います。


このような場合、やはり、自分の身体に対する意識も弱く

特に足の動きが雑になっていることが殆どです。

雑な動きを繰り返すことで痛みが起こるのだろうと思います。


足首の外旋運動が強くでていることが殆どです。

足首は、基本的に外旋はしないで内外反という形になるのですが、

地面に足をつけると自然に外旋した状態になってしむいます。


実際の足首の外旋は、殆ど遊び程度の動きしかないのですが、

膝を伸ばした時に、膝はやや外旋できるので、それが固着化した状態と言えます。

つまり殆どが膝の動きです。


足首と膝の動きに注目しないと、この状態は説明がつきません。


要するに足首が固い人で、外向きになっている人です。


そんな人に椅子に座ってもらい膝を真正面に向けてもらいます。

その位置で膝と踵を動かさずに、足の裏を地面につけたまま、爪先を内側に動かしていきます。

膝と踵は僅かでも動かさないというのを徹底すると、殆ど内側に爪先が向きません。


無理やりやると足の指をあげたり、母指側が床から浮いたり膝の位置を変えないと内側にできない状態です。


足首のこのような緊張は、腰を通って肩まで影響がでます。

やはり足の裏はキチンとついている必要があるのです。




Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square