肩甲骨の動きを観察する


肩甲骨の動きをよく観察すると前方には動きやすいですが、後方には動きづらくなっていることが多いです。

また後方でも上方には動きますが下方には動きづらくなります。


つまり内転しながらの下制は動きづらいということです。そして、挙上しながら前方へはいきやすいといえます。

これは、運動する時には必ず肩甲骨は。前の方に行こうとするからです。

つまり、戦う時の姿勢になってるということです。


僅かに後方挙上しようと思うと動かないことがあります。

この場合、体幹の側屈に異常が起こりやすくなります。そして、腰部や胸部には回旋異常も起こりやすくなります。


肩甲骨のちょっとした動きを観察するだけで、様々なことが分かります。


その結果、腰痛が起こりやすくなるのではないかと思います。






Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square