top of page

筋肉から出るホルモン

筋肉からもホルモンは出ます。


  • インスリン様成長因子-1 (IGF-1): IGF-1 は、筋肉の成長と修復を促進するホルモンです。 IGF-1 は、クレアチニンの生成を促進する可能性もあります。

  • ミオスタチン:ミオスタチンは、筋肉の成長を抑制するホルモンです。ミオスタチンのレベルが低い人は、筋肉量が多く、クレアチニン値も高くなる傾向があります。

  • テストステロン:テストステロンは、男性ホルモンです。テストステロンは、筋肉の成長と修復を促進するホルモンです。テストステロンのレベルが高い人は、筋肉量が多く、クレアチニン値も高くなる傾向があります。


クレアチニン高値と筋肉の影響も考慮する必要があるのではないかと思いました。

様々な観点から身体を調整すると症状が良い方向に向かうみたいです。

それだけでクレアチニンが上がっているとは思えませんが、筋肉から出るホルモンと症状も無関係ではないなと思います。


結構、激しく運動する人でクレアチニンが高くなる人がいることはわかっていましたが、そういう例がありました。

もちろん精密検査は必要ですが、単なる腰痛であっても、そういう例があるのだと身体が教えてくれます。


なるほどなぁ~と思います。



コメント


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page