top of page

目の動きと頭蓋骨

目は、視覚だけでなく、注意、覚醒、学習、記憶などの様々な機能に影響を与えています。

目と深く関係のある中脳は、これらの機能とも関係あります。

中脳は、脳幹の中央部に位置する脳領域で、運動の制御に関する神経核が存在しています。


中脳の赤核は、筋肉の収縮を制御する神経核の集まりです。大脳皮質からの情報を受取り脊髄へ命令を送ります。

力を入れるということにも関係しています。もちろん、弛緩にも影響します。

ただ、筋肉の収縮や弛緩は中脳だけで行っているわけではありません。


大脳皮質や小脳からの情報を受け取り、運動を調整し、それを脳幹網様体脊髄路に送ってバランスをとったりします。

転倒しそうになった場合も、中脳の網様体は、脳幹網様体脊髄路に影響し、バランスを回復するように調整されます。

目からの情報は、気づかないだけで、意識的、無意識的にバランスをとっているということです。

そして歩行をスムーズに行わせたりしているということです。


つまり目と記憶や学習、運動機能は、無関係ではないということです。

中脳の黒質や赤核に問題が生じるとパーキンソン病にもなったりしますので、とても大切な働きがあるということです。


これは単なる科学的な説明ですが、それならば臨床的にはどうか?

と考える必要があります。

目の高さで考えると、蝶形骨や篩骨、前頭骨などが脳幹の前にあります。

ということはこれらの骨への刺激は、骨格筋の動きにも影響を与えることが考えられます。


膝が悪く歩行時の痛みがあるという方も、蝶形骨の中央、篩骨、前頭骨を調整すると足の動きが良くなったりすることがあるのは、このような関連要素があるからだろうと思います。

また後頭骨は、脳幹が通るところでもあるので、後頭骨の問題は、必然的に脳幹の機能に直接影響を与えたりします。

中脳も脳幹の一部なので、これらの骨とも密接に関係があると思います。


膝の痛みや腰の痛みと言っても、中枢の神経系からも来ていることが普通にわかります。

それなのに何故、足は足の筋肉や関節だけしか考えないのか不思議でたまりません。




Commentaires


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page