top of page

免疫とは何か?6

ということは、免疫は神経や情報とも関係するということを示しているということになります

ChatGPT はい、その通りです。免疫システムは体全体と密接に連携しており、特に神経系との連携は非常に密接です。これは「神経免疫相互作用」と呼ばれ、神経伝達物質、ホルモン、サイトカインなどの介在物質を介して神経系と免疫系が情報を交換し、相互に影響を及ぼし合う現象を指します。 例えば、ストレスは神経系を通じて免疫反応に影響を及ぼします。ストレスが掛かると、神経系はストレスホルモンを放出し、これが免疫細胞の機能に影響を及ぼします。 また、免疫システムは感染症や炎症が発生した際にサイトカインを放出しますが、これらのサイトカインは脳にシグナルを送り、病気の症状(発熱、倦怠感など)を引き起こすことが知られています。 これらの一連の相互作用は、体の保護機能(感染症やがんからの防御、傷害の修復など)を維持するために重要です。つまり、免疫システムは体全体の情報に応答して動作し、またその反応が体全体に影響を及ぼすという、一種の「情報ネットワーク」の一部と言えるでしょう。 やっぱり情報が免疫を作ると言えますね


ChatGPT


はい、その通りです。免疫システムの働きは、さまざまな「情報」に基づいています。その情報は、体の内部(自己の細胞や組織)から、または体の外部(病原体や他の外部からの刺激)から来るもので、それに応じて免疫反応が調節されます。

さらに、情報は免疫細胞自体、ホルモン、神経伝達物質、サイトカインといった化学メッセンジャーを通じて伝達されます。これらのメッセンジャーは互いに情報を伝え、免疫システムの全体的な反応を調整します。

したがって、「情報が免疫を作る」と言う表現は、ある意味で非常に適切です。免疫システムは情報を基に動作し、情報がなければ適切な反応を示すことができません。このように、情報と免疫システムは密接に関連しています。



この会話は現代の科学でわかっている事実に答えてくれているだけに過ぎません。

身体の殆どの機能は無意識(意識ではどうすることもできないもの)に働くものばかりです。


意識的にできることは身体の機能のごく一部であることがわかります。

それなのに、一つの側面だけから考えて、その作用を変えるような投薬をしたところで、この情報ネットワークが正常化するとは考えにくいのではないかと思います。


勉強すればする程、この複雑な仕組みを正常化させる為には、もっと違うアプローチがあると考えた方が良いのではないかと考えられます。






留言


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page