アキレス腱の痛み3

結論から言えば、結果的には、右手の問題が一番の誘因でした。


誘因は原因とは違います。複合した原因の一つであり、時間の経過と共に変化してきたものです。狭い所に入って手を伸ばして作業することもあるので、このような仕事をする人には腰痛を起こす人が多いです。当然、手首の腱鞘炎をたびたび起こしていたそうです。


右肘も顎と同様の血滞の反応があり、肝臓の機能や筋肉にも影響を与えるので、痛みのあるなしにかかわらず体質的に筋緊張を起こしやすい傾向にあります。


真っ直ぐ立つことも困難だったのに、これらの調整をすると真っ直ぐ立って歩行も普通にできるようになってます。刺激は数カ所、刺激時間は1分にもならないでしょう。的確に異常部位を刺激すれば、明快な答えが返ってきます。

アキレス腱の痛みが顎や手の異常が関係するとは普通は思いませんので、そんなところの異常は気にもとめないと思います。しかし、これほどの差があるのですから、しっかり身体を観察していかないとわかりません。


手を伸ばして、指先で物を摘むような動作をくり返す人は、腕の異常から顎へ、顎の異常から腰へ、腰の異常から足へとつながっていくことがあるということです。もちろん、それが全てではありませんし、パターンもその人それぞれです。だからこのパターンだけを記憶しても無駄です。

腰痛のパターンも腕の異常が関係することはよくありますが、三物黄ごん湯が適応になっていたことからも頭や手足の陰熱が奧に隠されていたと言えます。漢方的にも体格もがっしりしていて、陰熱の問題があるとは思いもしないような方でしたが、たぶん間違いないでしょう。


複数の原因が絡み合って、異常を起こしている場合、症状と原因は一対一の関係にはなりません。これらを先読みして、一箇所の調整部位を見つけて治療をするというやり方もありますが、基本的には、一つ一つ薄紙を剥がしていくようにする方が理屈もわかり確実に調整していくことができます。




Featured Posts