なぜ力を抜けない


挙げた手の力を抜くと当然ですが下に落ちてダラッとします。


意外にこれができない人がいます。高齢者だからという訳ではなく、若い人でもできない人が案外います。

もっと難しいのは指先の力です。


上図のように握り混んだ手から力を抜いても途中までしか抜けません。

机の上に手を置いた状態でやっても完全には指先は広げられない。

もちろん広げようとすればひろがりますが、力を抜いただけでは完全に手はひろがりません。



力を抜いても手の平が、いわゆるパーの状態にはなりません。

手をひろげるには広げようとしているのではないかと思います。



何気ない問題のように思いますが、とても大事な問題のように思います。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square