できないのではなくやりたくない

できないのではなくやりたくない。


出来るかもと近未来の予測をしていても人それぞれ違います。

何が違うかと言えば興味です。

出来るかもと言えばできるんだと思っても、野球に興味がなかったら、今は野球をしたいとは思いません。

だから、野球はできない。


一生でやれることは決まってます。

だからやりたくないことをやる時間はありません。

だから興味のない野球はやらない。


これは最初に決めている訳です。

だから、未来は決まっています。どれだけ頑張っても私が野球ができるようにはなりません。

つまりできません。

しかし、どうしてもやらなければならない時は、それを好きになるしかありません。


興味を持つ何かを見つけ出すことです。

そうすると自然に好きになってしまいます。

どんなことでも発想を転換し、その奧にあるものを見つめようと思うと全ては同じ原理でできていると感じることができるようになってきます。


何をするかではなく、何を見つけるか?

なのかもわかりません。

何をやってもそういう目を持っている人は、その原理にたどりつきます。

原理さえ見出せば、違うものが同じに見えてくる。

同じに見えるのは人間しかできません。


何をやるかは表面的なことです。

何をやっても、その奥にあるものを見ていると、何かが見えてきます。





Featured Posts