ただまっすぐする


ものすごく単純なことなのですが、ただ真っ直ぐに座るだけでも健康法の一つになります。

曲がっているから悪いという考えではありません。真っ直ぐを真っ直ぐと認識できるかどうかを観察するだけです。


まず椅子に座ります。

膝下の高さぐらいの椅子が良いでしょう。

膝と膝の間を拳一つぶんぐらいあけて、つま先を真正面に向けます。かかとは膝の真下に来るようにしてみてください。

この姿勢は何度も書いてきました。

この姿勢をとった時にどう感じるかということに意識を向けてください。


ただ、それだけです。



運動の後に腰の痛みを訴えていると言う人が 来院されたのですが、この姿勢をとるとかなり辛そうに座っています。本人に聞いてみると、辛い姿勢だと言います。

まっすぐ座るというだけなのになぜ辛いのか?

これをよく考える必要があります。


実は関節の問題でも筋肉の問題でもありません。その人の脳が真っ直ぐを真っ直ぐと感じていない。つまり真っ直ぐを勘違いしているということです。もちろん、関節の問題の場合もあります。それなら真っ直ぐにしようがありません。

そこでも鑑別ができます。


真っ直ぐにできないから真っ直ぐにしようとするのではなく、ただ、真っ直ぐではないことを認めます。

それだけです。だから関節に問題があろうが筋肉に問題があろうができます。

真っ直ぐでないものは真っ直ぐでない訳です。

無理やり真っ直ぐにしようとしなくて良いので、真っ直ぐじゃないことを認めてあげてください。

これが思っているより難しい。

ただ、認めるだけなのに・・・。


足先や膝を使わないで、股関節を内側にしながらあげてみてください。

左右の足で違いがあります。


違いがあることを認識するだけです。

それで良い。

治そうとしたら、思いとどまってください。そして、あげにくい方があると認識してみてください。

数回やってみて、立ってみたら、今までと違う感覚になっているはずです。

ゆっくり、小さく、綺麗にやることが大事です。


ゆっくり、内側にあげて下さい。

できれば、その時にどこの筋肉を使っている感じがするか観察してみてください。

右と左で使う筋肉の違いを感じるはずです。


観察すること

認識すること


僅かに動かすこと

動かさないこと


自分としっかり対話できるのを感じます。

一種の瞑想です。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square