top of page

回数

筋トレなどでは、何回を何セットやりなさいという指導をされると思います。

確かに回数を行えば筋肉は大きくなると思います。


しかし、意識のトレーニングは認識が大切なので、回数を問題にしません。

それより、どれだけ感じることに集中できるかが重要です。

私がいつも言っているように、頑張らない、努力しない、期待しない。


これらは、意識を高めるためにはとても必要なことです。

日常生活をしていて、長い時間とることは困難です。

これを2時間行いなさいと言っても殆どの人は無理です。

無理なことは努力につながりますので、やめてくださいと言っているだけです。


私が姿勢の本質がわかった時は学生であって2時間どうしても電車に乗っていなくてはならなかったので、長時間集中することができました。これは私が学生だったからこそできたことです。

社会に出ればできないことはわかっていたので、この時間を大切にしなくてはという思いがありました。

だから1年間は(気づいたのが3年生だったので)絶え間なく行うことができました。

そして深い瞑想状態に入っていけれたのだと思います。


また長時間やろうと思うと、逆に余計なことを考えてしまい集中できない時間が起こってきます。

この時間がだいたい15分です。


意識というのは断続的です。


集中しているように見えても常に思考は違うことを考えようとしてしまいます。

それが思考の本質なので、それもわかっているから長時間行わないでくださいと言っています。

決して短時間だけが良いと言う訳ではありません。

長い時間も短い時間の繰り返しです。


短時間を何回か行うのなら意識を集中させることが容易だからそうしてくださいと言っているに過ぎません。

そして、それを何回も繰り返せば、自分に向き合う時間も自然に長くなってきます。

このように訓練していると、長時間やろうと思ってもできるようになってきます。


意識の集中には、15分の壁があり、15分はなかなか集中することができませんが、15分を過ぎると一気に集中力が高まるようになります。当時は毎日行っていたので、少しずつ時間は短くなり、10分ぐらいで集中できるようになってきましたが、そこまでくるにはかなりの訓練が必要です。

今はやろうと思えば集中することができるようになりましたが、その方法にも秘密があります。


本来は、そこまで行わないと本当の意味はわかりませんが、そんなことを一般の人に求めなくても効果をあげることができることを知っているから短い時間しかやらないでくださいと言っています。

また、長くやれば効果が早く来ると誤解してしまう人を避けるためでもあります。

そんな期待は裏を返せば不安につながります。

そういう人間の心理にも配慮しています。


思考の本質もわかっていないで言葉尻だけを捉えるのは人真似だからです。

簡単なことでも説明するのは難しいし、ホントの意味で体感していないと、その意味も理解することができません。


0,5秒前へのアクセスは、そう簡単なことではありませんが、動かさない運動法を行っていると自然に理解できるようになってきます。これは筋肉を使わない筋トレであり、魂との会話です。

運動器疾患やリハビリ、スポーツにも応用できる画期的な方法なのだと思います。

もちろん、「気」そのものを理解する方法でもあります。



Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page