凝り

凝りは、筋肉の収縮ではありえません。

凝りは、筋肉の弛緩です。

だから強く押さえると反発します。

揉み返しはそんなふうにして起こります。


なぜ反発するかと言えば、凝りは柔らかくなっているからです。マシュマロをギューギュー押せば潰れます。

美味しくない。

フワフワだから美味しいと感じる訳です。(あんまり食べたことないですが・・・)


柔らかい筋肉を強く押せば過剰運動になって疲れます。

柔らかい筋肉には柔らかい刺激が最適です。


当然ですが、鍼でも強刺激には向きません。

やってみるとわかります。

反発してきます。

その反発を術者が感じられないから強刺激してしまいます。


それを気持ち良いと勘違いするのは、殴られ続けると麻痺してくるのとよく似ています。

硬くなった筋肉を意識して触ると柔らかいとわかります。

意識しないと認知できません。

だから術者が変化しないといつまでも同じことを繰り返します。

麻痺した人を量産してしまいます。


鈍麻になる訳です。

触れ方があります。


それを知らないとどうしても強く押さえてしまう。

経験を積めばわかる訳ではありません。

強い刺激の経験を積めば積むほど鈍麻になります。

当然強い刺激は上手くはなりますが片寄ります。


片寄った味付けが上手いと感じるのはバランスのとれた状態を知らないからです。


それでは前にすすめません。

自分自身にもそれを言い聞かせています。




Featured Posts