top of page

再現性

再現性が大事とか客観性が大事と言いますが、痛いというのは主観です。

客観ではありません。


器質的な異常がなにもなくても痛みは起こります。

それでは、その痛みは嘘なのか?


と言えば嘘とは言いづらい。

主観で痛いと訴えている訳ですからね。


それでは痛みとは何?


と考えなければなりません。

確かに、痛みは病気のサインのことがあります。それを見分けるのはどうすれば良いか?


色々と悩むところです。


圧痛の変化や可動域の変化というのも全て主観です。しかし、主観であっても再現性がないとはいえません。


何らかの刺激を行うと身体は変化します。

触れていない状態でも変化することから、物理的な刺激だけが効果があるとは言い難い。

それがよくわかる動画です。


思い込みだとするなら、思い込みを再現できなければなりません。

思い込みだと切り捨てるのは簡単なことですが、それを決めつける人は、再現してからでないと科学的とは言えません。


思い込ませれば、本当にできるのかを再現できなければ、思い込みだと批判することはできないと言うことです。




Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags