top of page

指と経絡

示指のDIP関節を曲げる時に、内旋するような意識をすると指の動きが明らかによくなります。

しかし、内旋するように意識することはできても、実際には内旋はしません。


母指のIP関節は、逆に外旋するように意識すると動きがよくなります。

この意識は、大きなボールを持つようなイメージと同じです。


手の平は、バスケットボールのような大きなボールを持つように使うと一番負担が少ないのです。

その証拠に病的な症状を示している人は、必ず逆向きの遊びが起こっていることに気づきます。

特にリウマチで指先が変形している人の場合、遊びは顕著です。


関節の遊びは、イメージでしかありませんが、身体の動きをスムーズにさせることがわかります。


また、肩甲骨の内転下制をイメージするだけでも上腕二頭筋や指先の遊びが変化することから、体幹と末端は連動していることがわかります。

ここで問題になるのは単なるイメージであり意識のみです。

しかし、実際の運動ではありません。


意識を使って、イメージすることは、運動をする前の段階です。

このイメージが各筋肉や靱帯、脂肪、皮膚に流れてこそ運動が完成します。

何気なく使っている動きも、まずはイメージというエネルギーが流れて運動が起こります。

それは誰も否定しないはずですが、そのエネルギーは物理的には作用していません。つまり可動はゼロです。


この意味を深く考えたら何が必要かがわかるはずです。


Comments


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page