リズム感

リズム感はとても大事と言うことでしたが、リズムのある仕事、リズムのない仕事というのはあきらかに違います。

食器を片付けるのもリズムです。リズムが崩れると落として割ったりしてしまいます。


両手で交互に食器を片付けるとリズム感がでやすくなります。そうすると同じ時間であっても疲れない。動きが止まらない感じにしつつも慎重に食器を片付ける。

片手で食器を持つと不安定になります。不安定だからこそ、慎重にリズムを作っていくと更にリズムかでます。

そのリズムが崩れると嫌な感じになります。難しいやり方は、失敗を繰り返さないと身についてこない。


治療も同じでリズム感があると疲れません。思考が途切れると効果も下がり、リズム感がなくなると効果も低下します。


ただ、リズムというのは、早ければ良い訳ではありません。

ゆっくりのリズム、速めのリズム、超速のリズム


それぞれにリズムがあります。

途切れず一定であることなのだと思います。


これが非常に難しい。

その中でうねりを作ってグルーブ感を出すとなると更に難しくなってきます。

しかし、そのゾーンに入ると、自分がやっているのか誰がやっているのかわからなくなります。


その何かに任せられないとグルーブは起こらない。セッションというのは、そういうグルーブ感を作ることなんだと思いますが一人ではできません。


そこが更に難しい。




Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square