骨盤の歪みと言うけれど・・・



骨盤が歪んでいると言う表現をする施術家がいますが、骨が変形しているという意味でもないし、関節がズレているという意味でもないと思います。


ただ実際に観察してみると歪んでいるようには見えます。そう見えるから骨や関節が歪んでいるとは言えません。片寄った動きを続け、それを放置した結果、骨まで変形したということはあるかもわかりません。それなら、動きを変えるように調整することで正常な動きを取り戻せます。それを歪みを治したと表現しているだけだと思います。


それでもあきらかに使い方は片寄っているのは間違いありません。かなり癖づいています。


この動画の方は、左肩や首に緊張が起こって症状もでています。骨盤は左へ回転しやすくなって、左骨盤を右前に突き出そうとするとかなり抵抗感を感じます。左お尻を椅子から浮かすことも困難です。これでは何らかの症状がでてもおかしくはありません。左足をあげにくい状態だと簡単に予測できます。


左足にも症状がでます。しかし、左足や臀部より、左胸部、肩首の異常が適応ということです。


これらは全部つながっているので、肩がよくなれば、仙骨部もよくなって動きやすくなります。どちらが優位かで調整の組立は大きく変わってきます。

動きのプログラムを変えれば良いだけなので、強い力は必要ではありません。



Featured Posts