top of page

非線形型の腰痛

腰の痛みに関してはいろいろな問題が関係するのが普通です。

腰痛という一つの症状も 非線形なので簡単に因果関係を証明できる程、単純な症状ではありません。


つまり 複数の要素が関係ある症状ということです。ありふれた症状ですが単純なものばかりではありません。

普段から 膝の痛みがある人が、重いものを持って腰を痛めたという例です。


少陽病が左の胸にあって、これはメンタルの問題でした。水の流れも関係するのですが裏側に熱があって心臓とも関係します。 しかし、内臓の反応ではなくリンパ管の問題で、熱がリンパ管にあり少陽病があるという状態です 。

ここでも重要なのがどの位置に何があるかということです。


これがわからないと問題を解決することはできません。逆に言えば、それさえわかれば、手技の技術は悪くても何とかなります。

メンタルの反応なので精神的な問題も多々あります。しかし、それだけが原因ではありません。 少陽病があるので、熱がリンパ管にこもったような状態がメインです。

心臓の問題では静脈の問題があり、これがリンパ管と関係してると考えると 辻褄が合います。

東洋医学的には裏症なので、表面にでている問題ではないことも予測できます。


そして、左の脇の下から上腕の陽側まで皮膚に問題があるのですが、裏症とは真逆の反応になるのですが、この疑問は、普段からある右膝の痛みが関係していることがわかります。

右の膝の調整をすると、この左脇から上腕の皮膚の問題が明確になってきます。膝は血の流れの問題と水の流れが 複合していました。これだけでも複雑な問題と言えますが、更に肝臓も関係があるので、 身体の疲れとも関係があると予測できます。


案の定、左の側胸部と上腕、前腕の皮膚を軽く刺激すると腰が伸びてきました。 立つのも楽になってきたという状態です。

そして最後に右の足首の距骨の問題がありました。 これは膝の問題というよりも 全身に影響する状態で、右側の腰に影響していました。

つまり右の腰と左の腰は違う原因があったということです。そして左胸の少陽病は全身に影響し、左の腰に影響を与えていて、右の腰は膝と関係があったということになります。


この例を見てみても 部分と全体が複雑に関係していることがよくわかります。

単純な要素だけで問題を解決しようとしても全く歯が立ちません。

複数の要素を一つ一つ解決できてこそ、目的に達成するということがよくわかります。




Comments


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page