top of page

負荷をかけてはいけないは本当か?

いつも思うのですが、関節を痛めたから負荷をかけないようにしなければならない。

と言います。


この考えには、どうしても納得できません。

もちろん、運動をして痛めた訳ですから、運動を少しの間休むことは必要だとは思います。

それではいつまで休めば良いのか?


それに対する一般的な答えは痛みがなくなるまで・・・

と答えるのではないかと思います。

しかし、休んでも休んでも痛みがとれないことがあります。


なぜ?


そこで考えます。

本当に痛みがなくなるまで負荷をかけてはいけないのか?

そういう疑問を持たない治療家は、身体のことをあまりわかっていない治療家です。


間寛平さんが、アースマラソンをしている途中で骨折し、走りながら治したなんて話もあります。

人が治癒する能力を甘くみていないか?

そういう思いさえでてきます。


常識的には信じられない力が人には備わっている。

そう思えてなりません。


続きます




Commentaires


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page