腰痛と感情

腰痛には様々なパターンがあって、何もしなくても痛みが出る場合と、動かした時だけ痛いという場合があります。動かした時の痛みも動かしはじめだけが痛くて、動いていると楽になるという場合もあります。

このような腰痛のパターンはほとんどの場合が腰とは関係ありません。


このような腰痛の人の腰に刺激をかけてもあまり良くなる事はありませんし、痛み止めもあまり効きません。また本人の感覚としてはかなり嫌な感覚があり、鈍い痛みがずっと続くというような感じです。


それではこのような痛みの原因は何なんでしょうか?

それも様々なパターンがあるので一概には言えませんが、面白いのはアストラル反応です。アストラル反応なんて聞くと、ちょっとオカルトチックですが、感情と関係があるようです。


腰痛は感情と関係があるという話は、昔から言われているのですが、それが具体的に示されることは少ないと思います。

具体的というのは、どの部分に感情が残るのかということです。



Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square