top of page

脳幹部の熱

高等部から首の上のあたりをよく観察してみると右と左、前と後ろ、上と下で異常があります。

もちろん、首の動きにも変化はありますが、熱や水などの腫れがあるのがわかります。


触れると、熱っぽいだけでなく、腫れをかんじますが、表面ではありません。

深く触れるように意識をすると左右差があります。

右の腫れを感じる場合、首は全体的に右を向きにくくなります。

当然、左に腫れを感じると左に向きにくくなります。


いわゆる自律神経障害のような人の首を触ると概ね、首の中央がポコッと腫れた感じになっています。

これが何を意味しているのかは、今までのブログを読んで想像して頂くと良いと思います。

眠れないとか熱感があるというような不定愁訴も、このあたりが必ず緊張しているのがわかります。


しかし、それだけが問題かと言えば、そうではありません。

この反応は全身につながっています。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page