top of page

病気が治るとは?


大阪支部政木です。

御薗治療院にお世話になって

病に対する世界観も随分と変わりました。

私も病気は治してもらうものだと思ってましたが、

違いました。

それについて書いてみました。



治るとは?

治りますか?

年だからもう治らんなー。

治ってたのにまた痛くなったわー。

「治る」という言葉は毎日耳にしますが、

人によって様々な意味で使われている、とても幅のある言葉だと日々感じています。

痛みだけ消えれば病気は治っていると思っている人

症状が出なければ治っていると思っている人。

症状は出なくなっても、自分の中にある病気をさらに気づきに行こうとする人。

などなど。

私にとって「治る」とは、

自分の病気を「理解」できている状態のことだと思っています。

理解できていれば症状は管理できます。

症状を自分で管理できると、

痛む痛まない、発症するしないは、自分で選べるようになります。

すると、恐怖心や不安感はぐっと楽になります。

病の主導権が自分側に移ったということです。

その時が、その人にとって一つの「治る」という段階ではないかと、

私は思っています。

誰しもある種の病気にはなりやすいという「体質」は変えられません。

私自身は心臓や胃に弱点がある体質だと自分で感じています。

疲れると必ずそこから体は悲鳴を上げてきます。

そういう持って生まれた「体の特性」というものが、病気の根本にあります。

体の特性×生活習慣×時間によって誰でも自分の病気を発症します。


本当に病気を卒業するには理解と生活習慣の変化は不可欠です。

そういった意味で、自分自身は何もせず手放しで

いつか「治る」とか、

手術してもらって「治る」

薬を飲むだけで「治る」

治療してもらっただけで「治る」

ということは不可能だということになります。

「治る」ために自分を理解する。

そして必要な変化を起こす。

私たち治療家はそのお手伝いをするだけです。

皆さんはどういう意味で「治る」を使っていますか?




Featured Posts
Recent Posts