手首の動き2

手首を実際に動かしている動画です


簡単な動きのように思うかもわかりませんが、やってみるとかなり難しいのがわかります。

指先も動かさず肘も動かさない。

その状態で綺麗な円を描くように小さくゆっくり手首を回転させます。


早くやっては意味がありませんので確実に綺麗に円を描くようにします。

ゆっくり動かすといかにスムーズに動いていないかを理解することができます。早く動かした時とは全く違い、ガクガクするように動いてしまいます。


この動きをするとかなり意識が高まります。

意識が高まるということは、「気」を動かすことと言えます。

「気」とは何か?

という疑問に答えるのにこれ以上最適な体験はないと思います。

「気」をどういう定義にしているかによって違うかもわかりませんが、「気」は概念ではなく実際に感じるもののはずです。しかし、「気」を概念にした為に全く意味の違う捉え方をしてしまう人が殆どだろうと思います。


「気」が通れば水も血も流れるというのが東洋医学の本筋です。その結果、肩や首の緊張がなくなり動きが良くなった。つまり「気」が通ったと言えるのではないかと思います。


強い力は逆効果です。

弱い力、ゆっくりの力、綺麗な力を意識した方が実感します。


Featured Posts