感情を超えるのはやるしかない


昨日の続きです


当時、伊勢から鍼灸学校まで片道3時間かけて通学していました。1年生と2年生の時は、姿勢も悪く、ダラダラした座り方をしていました。

一般的には、ダラッと座った方が疲れないと思いがちですが、キチンと座ってみると、疲れが全うことに気づきます。

眠くならないし、意識がハッキリしてくるのも実感します。全てがクリアになるので、頭も意識もスッキリするのを実感します。


そんなことをしたらしんどいじゃないのか?

と思う方も多いと思います。


確かに、1~3日目は、気負いがあった為か、キチンと座ろうと思っても、すぐに姿勢が崩れ、ダラッとしてしまいました。

これでは3時間は座れない!!


そこで考えたのが、一生懸命やらないと言うことです。これは本当に大事なことだと思いました。

一生懸命姿勢を正そうとすると絶対に長続きはしません。

ええ加減にやるのがコツです。


なぜ、私が頑張らないのを推奨するかと言えば、この経験があったからです。

決して人の受け売りではありません。

だいたい、自分が体験しないものは信じないというひねくれ者なので、人が言うことは殆ど鵜呑みにはしません。


頑張って姿勢を正そうとせず、1/10ぐらいしか姿勢を正そうとしないということをやり続けました。

すると4日目から、ずっと姿勢を正したまま座ることができるようになりました。

これがホントに大きな違いでした。





Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square