意識が身体に変化を与える

最近のブログの記事 をご覧になって頂くとわかりますが、刺激としては無いに等しい刺激です。それでも、あきらかに身体が変化しているのがわかります。この現象は、現代科学では説明はできませんが、人が何かを意識すると、それが刺激となって動きや緊張が変わってしまうということだと思います。


(注意)この投稿の内容は全く科学的根拠がありませんので科学好きの人は読まないようにして下さいね。


しかし、私は神秘思想も嫌いです。東洋医学のあるのかないのかわからないような言い伝えも自分で確認できないものはあるとは思いっていません。ついでに陰謀論も嫌いです。


意識は、無意識の中のホンの一部分でしかありません。私達の行動は、ほぼ無意識と言っても過言ではありません。歩行をする時に一々右足から出して左足を出すなんて意識してません。頭が良くなり過ぎると、そんなこともわからず意識のウェイトが無意識より大きくなってしまいます。たぶん、これは自然に大きく反するものです。テレビなんか見てないで、もっともっと無意識を意識した生活をした方が良いです。



時には根拠のない自信というのは人を動かす最も重要なエネルギーになります。神社に行って、気持ちが良いと漠然と感じている人は多いと思います。これを説明できるでしょうか?

何らかの思い込みだと主張する人がいるかもわかりませんが、これだけ多くの人がそれを感じているからお参りする人が後を絶ちません。科学的に言えば、かなり根拠があると主張しなければならないはずです。そうでなければ科学ではありません。

科学と宗教は対比されることが多いですが、対比したのは人間の頭です。科学も自然現象の一部なのですからわけて考えられるはずもありません。これがわかっていない頭の良い人は多いです。


また、お参りの仕方によって身体が軽くなったりもします。これは何度も体験していますので私にとっては信じるに値する事実です。何度も書きますが、私は神秘思想家ではありません。あるものはあると実感しているだけです。それを何とかして伝えたいなとは思っていますが伝わらなかったら私の力不足だと思うようにしています。


なにも意識せずお参りする場合と意識してお参りするのは大きな違いがあることも実感しています。


意識は無意識の一部です。分離したことは一度もないはずです。でも教科書を見ると分離しているように見えます。頭が良く、分類が好きな人程、これを分けて考えようとしてしまいます。これこそが最大の思い込みなのだと思います。人それぞれですが人間は一日のうち何時間かは絶対に無意識になります。つまり寝て無意識になっているということです。長い人だと10時間ぐらい無意識です。一日の半分よりちょっと少ないぐらいですよね。しかし、いつ寝たのか区別できる人はいますか?

たぶんいません。


ただ、そこにあるものをあるがままに観れば良いだけなのに、分類して難しいことを考えてしまう訳です。それは本当に正しいことなのか考え直してみてください。

もしかすると、私が、お参りの仕方を意識したのも無意識の一部で決まっているから行うのかもわかりません。意識と無意識をわけて考える人には到底考えも及ばない考えだとは思いますが・・・。


そう考えると、自分が今思ったことは、実は以前から決まっていることなんじゃないかとすら思えてきます。意識は常に無駄な抵抗をしているなぁ~とも思います。意識と無意識に境界線はないし、一度もわかれたことはありません。わけたのは人間の頭であり考えです。それも無意識にそうなったと言われればそうなんだと思います。人間が発展するのも自然の一部です。矛楯していると思われるかもわかりませんが、自然の一部だからこそ私は科学は好きなのです。

ただ、あまり深入りしたくはないと思っているだけです。深入りすると科学の闇に引っぱられて見えるものが見えなくなってしまう可能性があります。これは科学教と言われる怖い、怖い宗教の闇です。


よく考えてみてください。身の回りにはわからないことだらけなんじゃないかと思います。というかわかっていることの方が少なすぎるのだと思います。科学が発展して、わかったような「気」になっている人は多いかもわかりませんが、殆どわかってないことばかりだと思った方が辻褄があいます。


最近のお騒がせウィルスについても、最初は、6割の人がワクチンを打ったら集団免疫ができると専門家と言われている人達は言ってました。しかし、それでは全く歯が立たなかった。今は9割と言ってます。そんな人達が言っている9割ってなんで信じられるのか不思議でたまりません。

そんなこと誰もわかりません。専門家という人達が予測しているだけです。あなたたちはウィルスそのものなんですか?

ウィルスの気持ちをわかって言っているんですか?

と問いたいです。きっと誰もわかっていないと思います。当然、私もわかりません。


人間がウィルスを制御することなんて本当にできるのでしょうか?


ワクチンによって撲滅したと言われているウィルスも、何十年もかけてやっとなくなったであろうとされているだけです。何らかのきっかけでまた出てくるかもわかりませんよ。そんなこと誰もわかりません。

コロナウィルスって、今回のものが新型だというだけで、今までにも沢山あって変異を繰り返してきている訳です。そんな通常の風邪ウィルスの新型だということです。長年少なからず人に影響を与えてきたウィルスのはずですからなくなったことなんてないはずです。インフルエンザも同じです。


ワクチンで攻撃すれば変身してまた強くなっていますよね。それはデータを見れば素人でもわかります。

ウィルスは生き物ではないという定義ですが、それも頭の良い人が色々研究してそう定義づけしているだけで、あきらかに何らかの意思をもった生き物のように人間に働きかけています。


また人と一緒で活性したり不活性になったりします。つまり死んで(不活性)しまったら再度活性はしないみたいです。それじゃ~生き物と変わらないし、死にたくないと考えるはずですから何らかの意思を持っているとした方が合理的だと私は思います。もっともっとウィルスの意思を聴き、尊重する必要があるんじゃないかと思います。


闇雲にワクチンで攻撃したところでなくなるはずがありません。そんなことは頭の悪い私でもわかります。


去年の5月頃に患者さんが「はやくワクチンが出来たらええのになぁ~」と言っていましたが、私は、今回のウィルスはワクチンは絶対に無理ですよ。

と予言していました。その通りになったと思います。それはインフルエンザがそうであるようにワクチンではなくならなかった訳です。数は少なくなっていますが、今でもインフルエンザはなくなっていません。天然痘のワクチンとは全く種類が違うと思った方が良いです。


ワクチンを打ったら感染が防げるみたいな言い方をしている専門家も居たと思いますが、防げるどころか増えました。

重症化する人は少なくなったと言いますが、ワクチン打つ前から少しずつ高齢者施設のクラスターは出にくくなっていましたし、重症化する人も少なくなる傾向になっていたと記憶しています。


毎年変異しているウィルスに新型と名前がつくとイメージが全く違いますよね。


風邪がこの世からなくならないのと同様に今回のウィルスはワクチンで叩いても絶対に死なないし、なくならないと思います。死なないどころかより強固に広く蔓延する可能性もあるんじゃないかと思います。予言していたとおりになっています。


なんか科学が発展し過ぎて、ウィルスの声を聴けなくなったからこういうことになっているんじゃないかと思います。

ウィルスの声を聴くなんていう全く科学的根拠のない話しですが、私がウィルスの声を聴いてみるとどうもそう言っているみたいです。(笑)


完全な根拠のない自信です。


(注意)科学的根拠は全くありませんから良い子は絶対に信じないようにして下さい。だからイチャモンや言いがかりは絶対にやめて下さいね。


これが戦いだったとしたら、ウィルスに負けない身体を意識する必要があるのかもわかりませんね。









Featured Posts