子供のルール

子供の頃、公園で野球をしていました。

今ではあまり見ない光景なのかもわかりませんが、近くの公園で子供達が集まって野球をする訳です。

しかし、その公園は、中心にお城のようなものがあり、普通の野球のような四角形のベースを作れません。


こういう時に子供は考えます。

三角ベースにしようぜ!!

となる訳です。1塁、2塁しかなく、3塁はないのです。


細長い土地でもこれなら野球ができます。

要するにピッチャーとキャッチャーがいて、バッターがいれば成立する訳ですからベースはオマケみたいなものと考えた訳です。当然ですが、色んなものが制限されます。


しかし、そのルールでも無茶苦茶楽しかったのを覚えています。

ズルをして、そんなんあかんやん~!!


と言っても、そのまま、まぁまぁという話しになってしまうこともあります。

野球をベースにした新しいルールです。

だからホームランを打たないと、なかなか点が入りません。

必死で大振りして、三振が連発する訳です。


それでも十分楽しかったことを今でも思い出します。

今は、あんなお城のような高い遊び道具ってあるのかなぁ~?

その公園には飛行機の形をした雲梯みたいなものがあり、子供達の間では飛行機公園と言われていました。


ちゃんと名前はあっても名前で正式な名前で呼ぶ子供はいません。

その公園には様々な思いでがあります。


ズルをしてもOK

ルールが急に変わってもOK

三角ベースでもOK


そんな臨機応変なルールでスポーツもどきができた子供時代を懐かしいと思っています。




Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square