右肩の「水」

昨日の投稿の続きです


胃腸障害を起こす人のほとんどは、左側の異常ですが、この方の場合、右肩に問題がありました。

当然ですが、肩甲骨の動きは右が回転しにくくなっています。

左は回転しやすく右が回転しにくいという状態です。


肩甲骨が回転不足になっていると、胸椎下部から腰椎上部は、患側に回旋異常を起こすのが常です。


右肩甲骨の動きが悪いので、胸椎下部は右に回旋異常を起こしている状態になっていました。

予測どおりです。

右に振り返ろうとすると、右肩を肩甲骨ごと挙上(上にあげて)してしまいます。

つまり、右に振り返ろうとすると肩をあげてしまうので、頚椎上部で、その回転不足を補うのが左足です。


左足の下腿後内側がパンパンになります。

フクラハギはパンパンでした。

左足の途中の体幹に胃腸があり、骨盤の動きにも関係してきます。


右肩と左腰、左足がつながっているという例でした。




Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square