top of page

台風が長居すると

やっぱり、水の流れが悪くなる可能性が高くなります。

特に首や肩、頭で症状の強い人は、左右のどちらかに片寄った反応がでます。

片寄った影響は、そこでストレスを生み、やがて症状となってあらわれます。


当然、頭の重みや目眩、頭痛などの症状も多くなります。

また、台風が来ると眠りが浅くなったり眠れなくなったりします。

これは肝臓の影響の可能性が高いので、気の低下が起こっているのでしょう。


私も少し眠れませんでしたが、台風が過ぎ去ったらぐっすり眠れました。

興奮するんですよね。


今回気づいたのは肘と膝への影響です。


水の流れと関係があるのか、肘と膝への影響が強くなってました。

あと第二中足骨から中間楔状骨の問題も起こり、これが脛骨にも影響を与えています。


膝には、その影響がでている感じですが、これと仙骨とも関係します。

関節の問題は関節障害だけがあらわれるのではなく、このような台風からの影響も受けます。


その前の胃アトニーの話ともつながってくると思います。

胃腸の調子が悪い人が多かったのも、この天気の影響もあるかも?


と考えると気象が身体に与える影響も計り知れないと思います。

しかし、あきらかな症状ではないので、それを確定する方法はありません。


私達の仕事は、そういう目に見えない身体への影響をできるだけ探ることです。

もちろん、わからないことも多いですが、わかることを一つ一つ探ってく作業が必要です。




Comentários


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page