全ては印象

人間社会は、全てが印象でできていると思えることがあります


ロシアンルーレットの話しですが

10個の弾倉に弾丸が二発入っています。

8個の弾倉に弾丸が二発入っています。


どちらを選ぶ?

当然、10個の弾倉ですよね。確率から言えばね。


10個の弾倉の方に二人挑戦し、空胞だったとします。

つまり10個の弾倉に弾丸が二発ですが、二回引き金を引いているので、8個の弾倉に二発の弾丸が入っている方と同じ確率です。


さぁ、どっちを選ぶか?


確率は同じですが、印象は変化します。


さぁどっち?


2人が空砲だったということを見ていた人は、なにも考えないでそちらを選ぶかもしれません。


それとよく似たことを一生懸命、頭で考えてワーワー言っている気がしてなりません。

何パーセントだったから大丈夫とか大丈夫でないとか・・・。

数字に惑わされているとしか思えない。


多くても少なくても、100個の弾倉に一発しか入ってなくても、一人目で当たるかもわかりません。

どれだけ頑張っても引き金をひくまでわからない。


それは1000個だろうが1万個だろうが同じです。

運しかない。

それが、この命がけのゲームのルールです。


確率は神頼みと同じです。現代の科学的と呼ばれる形を変えた神頼み。

そんな気がするのは私だけ?

印象だけで真か偽を豪語するのは止めた方がいい。

真か偽じゃなく、答えはわからない。


それで良いのでは?

わからないことを許さない。

というような社会は、どこか間違っています。わからないことだらけなのに、わかったようなことを言うと混乱する。

それをマジマジと見せてもらったなぁ~と思います。


賛成、反対、どちらも絶対ではありません。

どちらも引き金を引くまでわからない。

それが事実です。


あくまでも確率なのです。




Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square