セミナーに来てもらった女性

はじめてセミナーに来て頂いた鍼灸の女学生の方(20代ではありません笑)の感想です。

右手の母指の反りが、調整の後(手は調整していません)反らなくなったと後で見せてもらいました。


最初、手首の経絡を触診する話しをしていて、それを皆さんに見せようとしていただけなのですが治療になってしまいました。なんか周りからその期待感を受けたのかもわかりません。

なんとなく雰囲気でテーマにしていたことと違うことをやってしまいます。




触診は鍼灸ではとても重要なものですが、触診の方法を明確に示している人は少ないと思います。殆どが経験から編み出した独自のものだから教えられないと考えているからだろうと思います。それは違います。


しかし、触り方を変えれば感じるものは瞬時に変わります。それを知っているか知っていないかで触診の方法が大きく変わってきます。

もちろん筋力検査でも全く同じなのですが、その意味はやはり実際に会って伝えないと伝わりにくいと思います。感の良い人は映像を見ただけでもわかると思います。技術はいくらでも説明できますが、この感覚だけは味わう必要があるので映像だけではなかなか伝わりません。教えられるのは概念だけです。実際に会って体感しないとわかりません。しかし、それさえ知ってしまえば、達人達の言っている意味が全てわかるはずです。


今後一般にもわかるように、それらをまとめて動画にしてみようかなと思っています。

触診の仕方さえわかれば、あとはそれを元にして応用するだけなので、古典の解釈などもかなりスムーズになるのではないかと思います。

意外に触診の仕方がわかっていない人が多いのではないかと思います。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

中村先生 先日は勉強会に参加させていただきましてありがとうございました。

こちらこそ参加して頂き有り難う御座います。 デモンストレーションの治療が的確すぎて、何度も動画を見返しています。

以前は、座っていると骨盤に埋もれる感覚がずっとありました。座りが悪いんです。お尻が大きいとはこういうことなのかな?と無理やり納得させていました。 そして、刺激量のキャパシティが狭くて実技練習に悩んでいたところまでご指摘いただきました。 みんなと違うことは理解しているのですが、なかなか伝わらないことなので敏感さを最近は厄介だなと思うこともありました。

感じやすいというのは逆の作用が起こるので認知を上げる必要がありますからね。

それさえできれば、感じやすいというのは武器になります。

お尻の筋肉を動かす動作だけで、中心に芯ができて体がぶれなくなったり、手を開いたときに親指が楽にのばせたり、自分でも気づいていない不快な動きの調整をしていただけました。

今でもちゃんと体に芯が残っています。立っててもすごく動きやすいし、横隔膜も楽なんです。

未来=現在 現在=未来 正直、まだわかってないと思います。ただ、未来は自分が思い描く方向へ進むんだろうなってところまでは、なんとなくわかるようになりました。 時間軸をしっかり理解することが触診や筋力検査、治療にも大きな影響をおよぼします。縦横高さは3次元、時間軸が加わると4次元になりますから時間軸を考慮しない術者は物理的なものしか触診できません。それでは経絡も穴も見えるはずがありませんからね。


ペンを握るときには、無意識で手を伸ばすし、まっすぐ向かう。迷わない。この辺りが私には重要だなと感じています。

生活の中でも応用できます。食器を片付ける時に応用すると片づけが楽になります。これも非常に面白い現象です。

実はこれが瞑想とも深く関係してきます。この現象は、思っているより深い意味がありますからね。

重ね重ね、楽しくあたたかく参加させていただいたことに感謝します。 ありがとうございました。



Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square