top of page

スポーツと鍼灸治療

スポーツの中でも、サッカーやバスケット、格闘技というのは、陸上のスピードとは違うスピードが求められます。

陸上競技の短距離で必要なのはヨーイ、ドンで走り出す瞬発力ぐらいで、あとは慣性の法則でトップスピードをあげていくという競技です。


車のレースで言えば、ゼロヨンのレースみたいなものです。

サーキットを走る車とは基本的に違います。

同じスポーツであっても、種目が違えば違う能力が必要です。


サッカーやバスケットなどのスポーツは、試合中反射の連続です。

この時に、確信の持てている判断をしているのか?

と言われれば、判断はだいたいだそうです。

この話は、元陸上競技の為末氏の話です。

彼の分析力は本当に面白いと思って時々見ています。


特にプロ選手になると、だいたいこんなものという当たりをつけてプレーするというのです。

確信のもてる判断をするとコンマ何秒かが遅れてしまうので、この時間の差で勝敗がわかれてしまいます。

反射のスピードは勝敗を大きくわけるということです。


この現象は、一見無関係に見えますが鍼灸治療にも言えているのです。

ほとんどの鍼灸師は確信をもってから刺激しようとします。

しかし、人の身体や意識は確実に目まぐるしく動いています。

そして達人と呼ばれている人程、刺激スピードは早いという特徴があります。


ほとんどの鍼灸師は、そのことに気づいていない。

達人だからそうだと思いこんでいます。

実はそうではないのです。

スピードは大きなポイントです。

それを考えないと、これからの鍼灸治療の発展はないのではないかと思っています。


今日は、久しぶりの一般勉強会です。

専門家より一般の人の方が、このことをわかっているかもわかりません。