top of page

知らず知らずのうちに圧迫骨折をして腰に痛みがあると言うことがあります。高齢者では、そういうことをよく聞きます。

一般的な考え方は、高齢で骨が弱っているから→牛乳とりなさい。ビタミンとりなさい。

運動は?→してはいけません。


ええ~!!


こういう指導をする医療関係者は、運動を何だと思っているのでしょうか?

指を動かすのも運動です。顏を動かすのも目を動かすのも運動です。なぜ知らず知らずのうちに骨折してしまったのでしょうか?

そんなことあり得ないはずです。

圧迫骨折はコルセットをして安静にするという方法をとりますが、本当にそれで良くなるのが疑問に思わないと駄目です。高齢者はそもそも大きな動きをしていません。


高齢者ではありませんが、重いものを持って胸椎下部の圧迫骨折をして10日目でしたが、動く時もそろそろとしか動けない状態でした。重いものを持ったからというより、身体が重い物をもつのに耐えられない状態だったからと考えた方が辻褄があいます。安静にしていると動きはじめが動けない。ジッとしていることができない人だったので、少しずつ動いて火事をしていたそうです。


程度にもよりますが、痛みをかばいながら動くと普段使わない筋肉ばかり使うので疲れます。その動きからバランスを崩し、余計な痛みを起こします。この余計な動きを作ってしまうと骨折が治り痛みがなくなっても、動きだけはずっと続きます。

つまり癖になるのです。これが慢性病の大きな元になっていくのだと思います。


そうならない為には、痛みが起こる寸前の動きを積極的にやることが必要です。骨折しているのは事実ですから、それに大きな負担をかけてはいけないのも事実です。しかし、痛くてそんなことはできませんから、どれぐらいが限界かは誰でもわかります。それより全体の動きを止めると大きな弊害が起こります。

骨折部位は、動かさないようにしても他の場所は出来る限り動かした方が良いのです。もちろん、これにはコツがいります。


その為にも、小さくゆっくり動くというのが重要です。ゆっくり動けば局部に負担をかけることはありませんし、そもそも小さな動きでは負担はかかりません。この方も10日たった状態の痛みは、かばったことによる痛みのウェイトがかなり強くでていたということです。


特に腕には余計な負担がかかるので、腕の調整をすると動きがかなりスムーズになりました。右手をついて立とうとすると強烈な痛みがあるので、腕で全体重を支え片寄った動きをしている状態です。右手も痺れる感じがあり、右足もかなり腫れたりします。

右の心包経、右胆経、左三焦経の調整をすると痛みがかなりなくなり、かなり楽に歩行できるようになっていました。あと左の腰椎5番の影響もあったので、これも調整してみました。

こういう時に腕の緊張は絶対になくしておいた方がショックが少なくなります。腕が緊張していると、腕を僅かでも動かすことで腕、背中腰へとダイレクトに振動が伝わってしまい痛みの癖がつきます。


そして、どこが痛いのかわからなくなるという状態になります。骨折の後遺症はこのように起こってきます。単なる安静がいかに害を及ぼすかがわかります。


10日たっているので骨折箇所はかなり良くなっているようですが、それ以外の問題で痛みが起こっているということを、この例はあらわしています。


動かさないと治らない。

しかし、下手な動かし方はバランスが崩れて余計な痛みが起こる原因になる。

うまくその中間で身体を動かすことで身体を固めないで最速で良くなっていくのです。


(実際の写真ではありません)

皆さんは、運動不足が悪いことはよくご存じだと思います。

これは科学的データを見ても、きっとあきらかだと思いますので異論はないと思います。

私もそう思います。

それに意義を唱える人は殆どいないんじゃないかと思います。運動は精神にも影響します。決して筋肉や関節への影響だけではありません。もっとも大事な効果は精神的効果です。

別に強い運動をする必要はありません。軽く外に出るだけでも精神的な変化が起こります。


運動不足はいけないと言いながら、人の行動を制限している世の中が変だと感じない人は、健康の本質を見失っています。

社会の運動が止まっていて健康的になろうとするのって、なんか間違ってないんですか?


今、行動を制限する要因は?

知らない人はいないでしょう。

でも、本当にこれが正しい社会のあり方なんでしょうか?


正しいというか自然なあり方なんでしょうか?

新陳代謝を促進する!!

という健康オタクは一杯いますが、今、新陳代謝が活発になっていないと思う人は多くありません。

ただ、運動すれば良い?

そんなはずはありません。


これに疑問を持たないことがおかしい。

疑問を持って欲しい。

良いとか悪いと言う前に、この状態はどう考えてもおかしいって思うことが自然なことだと思います。


頭で考え過ぎると、先が見えなくなってしまいます。



後頭部の頭痛があってMRIも撮って異常はないと言われました。

原因不明です。


とても不安な気持ちになっている様子でした。

血液検査をしても異常はないのですが、3週間前に接種したそうです。

接種後、頭痛も起こっていましたが、数日で良くなったのですが、今月のはじめぐらいから頭痛が起こっていたそうです。


接種とは無関係のように思いますが、やはり神経に何らかの障害もでていることから引き金になったのではないかと予測はできます。こんな状態で二回目の接種をしても良いのかどうか?

とても不安に思っていたみたいです。そりゃ~思いますよね。


血管や神経の炎症も副反応として起こしやすくなりますから、とても不安だったろうと思います。

不安による症状もでていると思いますので、今の症状が接種だけが原因とも特定できません。

複合要素があるので、今後どうなっていくか経過観察というところです。


後頭部を軽く叩打すると左は響く感じがあり、首も左回旋異常があります。目の奥から後頭部につながっているような反応もあり、違和感も存在します。左の咽の異常もあります。これが上部胸椎までつながっていて、胸椎の左回旋も異常になっています。

動きと異常は必ず相関関係があります。しかも症状が複雑であればある程、一部分の動きが異常になるので、正確な動きを見ないとわかりません。これにはかなりテクニックがいります。大きな動きでは必ず代償運動してしまうので差を感じることはできません。


後頭部から上部頸椎のあたりには、延髄、橋という中枢があります。これは昨日の投稿でも書きましたが、このあたりは生命維持にとても重要な中枢です。複数の脳神経核がでているところでもあり、首から上の症状がある場合、ここには何らかの問題がある可能性があります。


例えば、舌に異常が出たり、顔面部の痙攣や硬直、目の動きの異常であったり、耳にも影響がでる可能性もあります。そして自律神経にも影響があるので、呼吸や心臓にも影響します。そして、これらの症状には必ず上部頸椎の異常な緊張と異常な動きを伴うということです。

この方も後頭部の痛み以外にもこれと関連する症状があったので、あきらかに延髄、橋の異常があると推測しました。


それを調整していくと、痛みがとれ、不安がなくなった為か、ホッとして泣き出してしまいました。

不安でいっぱいになっていると、調整をして泣き出してしまう人がいます。それぐらい不安だったということです。

そんな不安を取り除いて、できる限り万全の状態にしてあげ、それを維持していく方法を考えるのが仕事です。


機能的疾患は、器質的疾患とは違い、機能をよく観察しないと絶対に問題を解決できません。

症状のある部分だけを見ていても絶対に良くなることはありません。


延髄、橋から嗅覚神経、視神経にも裏熱の反応があり、血の不足の反応もありました。栄養が行き渡っていない可能性もあるので、これらの状態を回復させることが大事です。






Blog | 御薗治療院公式hp | Japan |  鍼 - マッサージ - メタトロン - オルゴン

Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
bottom of page